img

[Live Information]

> March 11, 2017

(SONG X LIVE 050)スティーヴ・キューン・トリオ来日公演開催のお知らせ。

ソングエクス・ジャズは今年(2017年)9月中旬に、ジャズ史において伝説的なピアノ・トリオの来日公演を開催します。

Steve Kuhn : piano
Steve Swallow : bass
Joey Baron : drums

ジャズの黄金時代を歩き、自らジャズ史を創ってきたキューンとスワロー、自在なリズムを操るジョーイ・バロンによるトリオです。

詳細は4月下旬頃、ご覧のWebsiteで発表の予定です。
乞うご期待ください。

img

[Live Information]

> February 5, 2017

(SONG X LIVE 042)Kurt Rosenwinkel's Caipi Band Japan Tour 2017 開催のお知らせ。

現代ジャズ・ギターの皇帝が、先鋭的な感性を持ち合わせた ブラジル・ミナス新世代を招いて、ジャズの未来を切り拓く『Caipi Band』で来日!

エリック・クラプトンの客演、ブラジル音楽など、あらゆる音楽の要素を盛り込んだ10年がかりの最新アルバム『Caipi』を2月24日(金)に国内リリースする、我らのカート・ローゼンウィンケルが"Caipi Band"を率いて来日します。シーンの最前線に立つカートが、アントニオ・ロウレイロを含む、ブラジル・ミナス新世代を中心に選りすぐりのメンバーと繰り広げる「ポスト・ジャズ・ブラジレイロ」をお見逃しなく!




(SONG X LIVE 042)Kurt Rosenwinkel's Caipi Band Japan Tour 2017

[来日メンバー]
カート・ローゼンウィンケル Kurt Rosenwinkel  : guitar  
ペドロ・マルティンズ Pedro Martins : guitar / keyboards / vocal  
オリヴィア・トルンマー Olivia Trummer : piano / keyboard  
フレデリコ・エリオドロ Frederico Heliodoro : electric bass  
アントニオ・ロウレイロ Antonio Loureiro : percussions 
ビル・キャンベル Bill Campbell : drums 

DAY - 1 
Kurt Rosenwinkel's Caipi Band@NAGOYA
[日 時]2017年4月12日 (水)
[時 間][1st] 6:30pm [2nd] 9:15 pm
[会 場]名古屋 ブルー・ノート 
[出 演]Kurt Rosenwinkel's Caipi Band 
[料 金]¥7,500(税込)
[予 約]www.nagoya-bluenote.com
[電 話]052-961-6311
[詳 細]www.nagoya-bluenote.com

DAY - 2
Kurt Rosenwinkel's Caipi Band@OKAYAMA
[日 時]2017年4月13日 (木) 
[時 間]20時開演(19時開場)
[会 場]岡山 MO:GLA(モグラ)
[出 演]Kurt Rosenwinkel's Caipi Band 
[料 金]¥7,500
[予約受付開始日]2017年2月22日(水)販売開始
[メール予約 / 問合せ]メール予約 moderado music (moderadomusic@gmail.com)
 ※公演名・お名前・人数・連絡先をご明記のうえお申し込み下さい。
[チケット取扱い店]グリーンハウス倉敷店、グリーンハウス岡山店、レコード屋、城下公会堂、MO:GLA
[詳 細]http://moderado.jugem.jp

DAY - 3
Kurt Rosenwinkel's Caipi Band@TOKYO
[日 時]2017年4月14日 (金)
[時 間][1st] 6:30pm [2nd] 9:00 pm
[会 場]ブルー・ノート東京 
[出 演]Kurt Rosenwinkel's Caipi Band 
[料 金]¥7,500(税込)
[予 約]www.bluenote.co.jp
[電 話]03-5485-0088
[詳 細]www.bluenote.co.jp

DAY - 4
Kurt Rosenwinkel's Caipi Band@TOKYO
[日 時]2017年4月15日 (土)
[時 間][1st] 5:00pm [2nd] 8:00 pm
[会 場]ブルー・ノート東京  
[出 演]Kurt Rosenwinkel's Caipi Band 
[料 金]¥7,500(税込)
[予 約]www.bluenote.co.jp
[電 話]03-5485-0088
[詳 細]www.bluenote.co.jp

DAY - 5  Final ! 
Kurt Rosenwinkel's Caipi Band@YOKOHAMA 
[日 時]2017年4月16日 (日)
[時 間][1st] 4:30pm [2nd] 7:30 pm
[会 場]モーション・ブルー・ヨコハマ
[出 演]Kurt Rosenwinkel's Caipi Band 
[料 金]¥6,500(税込)
[予 約]www.motionblue.co.jp
[電 話]045-226-1919
[詳 細]www.motionblue.co.jp

企画・制作 : 株式会社ソングエクス・ジャズ
協力 : 有限会社ウォーキン

   




img

[Release Information]

> February 5, 2017

(SONG X 042)カート・ローゼンウィンケル『Caipi (Japan Edition)』(SONG X 042)発売のお知らせ。

崇高なるジャズ・ギターの権化。カート・ローゼンウィンケルが制作に10年をかけた超大作『Caipi』がいよいよ発売されます。あらゆる楽器を自ら自在に操り、これまで自分を深く動かした音楽の要素を盛り込んだ、創造力溢れる楽曲たちが、聴くものを未知の冒険に連れ出してくれる。カートのファンを自称するE・クラプトンもゲスト参加!日本盤のみボーナス・トラック「Song for our sea」を収録!


製品情報 
アーティスト : カート・ローゼンウィンケル 
タイトル : Caipi (Japan Edition) 
品番 : SONG X 042 
フォーマット : Audio CD 
価格 : 2,500円 + 税  
ご購入ダイレクト・ボタン↓
発売日 : 2017年2月24日(金)

収録曲情報 

01. Caipi 
Kurt Rosenwinkel: guitar, bass, piano, drums, percussion, synth, voice
Pedro Martins: voice



02. Kama(Rosenwinkel/Brecker) 
Kurt Rosenwinkel: electric guitar, bass, percussion, piano, synth
Pedro Martins: voice, synth
Frederika Krier: violin
Andi Haberl: drums



03. Casio Vanguard(Rosenwinkel/Loureiro) 
Kurt Rosenwinkel: guitar, drums, percussion, bass, piano, synth, casio, voice
Pedro Martins: voice
Antonio Loureiro: voice
Alex Kozmidi: baritone guitar

04. Song for our sea  ※Japan Bonus Track 
Kurt Rosenwinkel: Guitar, Piano, Drums
Ben street: bass
Frederika Krier: violin
Johannas Lauer : Trombome

05. Summer Song
Kurt Rosenwinkel: piano, drums, bass, voice, guitar
Pedro Martins : percussion, voice, harmonium
Kyra Garéy: voice

06. Chromatic B 
Kurt Rosenwinkel: guitar, piano, bass, drums, percussion, synth, casio, voice
Frederika Krier: violin

07. Hold on 
Kurt Rosenwinkel: guitar, piano, bass, percussion, synth, casio, voice
Pedro Martins : voice, drums, synth



08. Ezra 
Kurt Rosenwinkel: guitar, piano, bass, drums, percussion, synth, voice
Pedro Martins: voice, floor tom
Mark Turner: tenor saxophone

09. Little Dream 
Kurt Rosenwinkel: guitar, piano, bass, percussion, synth, voice
Pedro Martins : voice
Amanda Brecker: voice
Eric Clapton: guitar

10. Casio Escher 
Kurt Rosenwinkel: guitar, piano, bass, drums, percussion, synth, casio, voice
Pedro Martins: voice
Mark Turner: tenor saxophone
Amanda Brecker: voice

11. Interscape 
Kurt Rosenwinkel: guitar, drums, percussion, bass, piano, casio, voice
Frederika Krier: violin
Zola Mennenöh: voice

12. Little B 
Kurt Rosenwinkel: guitar, piano, bass, drums, percussion, synth, voice
Pedro Martins: voice
Chris Komer: french horn

Artist name : Kurt Rosenwinkel 
Album title : Caipi (Japan Edition) 
Product number : SONG X 042
All songs composed by Kurt Rosenwinkel

Recorded at Heartcore studios, Berlin by Kurt Rosenwinkel
Additional recording at Big Orange Sheep Studio, NYC by Michael Perez-Cisneros
Recording assistant: Kevin Frias
Additional recording at Sear Sound, NYC, by Chris Allen 
Mixed by Paul Stacey at Strangeway Studios, London
Mastered by Mandy Parnell at Black Saloon Studios, London Artwork by Beatriz Morales


ご購入ダイレクト・ボタン↓ 



img

[Live Information]

> January 2, 2017

(SONG X LIVE 041)Jakob Bro Trio "STREAMS" Japan Tour 開催のお知らせ。

2017年最初にソングエクス・ジャズがご案内するSONG X LIVEは、昨年ECM レーベルより発表したアルバム『STREAMS』(ECM2499)が世界的に高い評価を獲得し、そのパフォーマンスに期待が寄せられていたヤコブ・ブロ・トリオ待望の来日公演です。

作品『STREAMS』は、最早ヤコブ・ブロ・サウンドには欠かせない存在とも言えるベースのトーマス・モーガンに加えて、伝説的なドラマー、ジョーイ・バロンを迎えて、南フランスのスタジオにてマンフレート・アイヒャー氏の監修のもと制作されました。緩やかなフォーキーさを持ち合わせながら、ときにスリリングに繰り返される音と音の混ざり合い。ヤコブが描いた牧歌的なメロディが際立つマストピースは、永久に耳に残ることになりそうです。


その空気感をそのままに、東京公演は今回が初登場となるコットンクラブで2日間にわたり行われ、日本ツアーの初日と最終日は、これまでもヤコブ・ブロの音楽に情熱を傾けてくださっている、関西発の無料ジャズ情報誌 "Way Out West" が主催する「Mr Kellys」での大阪公演(3月1日)、またヤコブ・ブロ本人もお気に入りの場所でもある岡山「䕃涼寺」(3月4日)にて、"moderado music" の主催により行われます。

弧を描くように絶え間なく続く音、その点と線が目前で重なる瞬間をお見逃しなく!尚、今回の来日公演は、1867年に日本とデンマークの間で締結された「日本デンマーク修好通商航海条約」による外交関係樹立から150周年にあたる記念すべき公式周年事業プログラムです。




(SONG X LIVE 041)Jakob Bro Trio 『STREAMS』公演概要

大阪公演
[日 程]3月1日(水)
[会 場]ミスターケリーズ
[時 間]1st set 19:00~
     2nd set 21:00~
[料 金]一般 4,000円・学生 3,500円
     2ステージ通 7,000円 予定
[主 催]WAY OUT WEST
[協 力]株式会社ソングエクス・ジャズ/ミスターケリーズ
[後 援]デンマーク大使館

東京公演
[日 程]3月2日(木)、3日(金)
[会 場]コットンクラブ
[時 間]1st show open 5:00pm / start 6:30pm
               2nd show open 8:00pm / start 9:00pm
[料 金]自由席 6,500円〜
[協 力]株式会社ソングエクス・ジャズ
[後 援]デンマーク大使館


岡山公演
[日 程]3月4日(土)
[会 場]蔭涼寺
[時 間]20時開演 (19時開場)
[料 金]5,500円(当日 6,000円)
[主 催]moderado music
[協 力]株式会社ソングエクス・ジャズ
[後 援]デンマーク大使館






img

[Release Information]

> October 17, 2016

(SONG X JAZZ × Heartcore Records )カート・ローゼンウィンケル主宰の新レーベル『Heartcore Records』作品、取扱い開始のお知らせ。

この度ソングエクス・ジャズは、これまでも音源販売・招聘公演事業の両面を取り扱いを続けているアーティスト、カート・ローゼンウィンケル氏がドイツ・ベルリンを拠点にして、新たに立ち上げた新レーベル『Hearcore Records』作品の日本国内市場への頒布・配給権、及び招聘ライヴ・コンサートのブッキング・制作業務を担当することになりました。まもなく、そのレーベル第一弾「Caipi」(SONG X 042) についての発売日、作品詳細を公式にアナウンス予定です。

カートのオリジナル・アルバムとしては2012年11月発表「Star of Jupiter」(SONG X 013/014)以来の約5年ぶりの作品となり、その内容はほとんどすべての楽器をカート自らで担当し、これまで幅広く共演してきたゲスト・アーティストが世界中から多数参加するなど話題満載な作品です。

詳しくはこのページで、近日ご案内の予定です。乞うご期待ください!

img

[SONG X Alliance]

> October 5, 2016

(SONG X Alliance)織原良次主宰「miD」レーベル第一弾作品、『透明な家具』(miD-001 / SONG X 039)発売のお知らせ。

この度、株式会社ソングエクス・ジャズはフレットレス・ベース奏者、織原良次が主宰する新レーベル「miD」とアライアンス契約を締結しました。弊社は同レーベルが制作した作品を順次発売していく予定です。「miD」第一弾(2016年10月28日発売)となる作品は、織原良次の活動の一つである"透明な家具"の初録音作品となります。



『透明な家具』は、フレットレス・ベース奏者、織原良次が描く無形のインテリア作品。設計された楽曲ではなく、空間に音を置くことにより動きだす時間が、音の快楽をもたらします。無形のインテリアとしての『透明な家具』をお楽しみいただけます。詳細は作品ページ → miD-001 / SONG X 039(更新中)をご覧ください。

レーベル名ともなっている『miD』はベーシストとしての中域主義への揶揄。ツインギター、ベース、ドラムを視覚的にイメージしてアルファベットを配置したもので、第一弾『透明な家具』に続き、第二弾としてオリジナル楽曲を中心に演奏するカルテット『miD』(滝野聡gt・市野元彦gt・本田珠也ds)、第三弾はベース・ソロ作品『HITORI(Solo)』、第四弾を『色彩感覚』の計四作品を順次リリース予定です。

そのほか織原良次の最新情報など詳細は、新規オープンしたmiDレーベルのサイト、mid-orihara.comでもご案内しています。

織原良次アー写.jpg

織原 良次 Ryoji Orihara
フレットレスベース奏者 fretless bass

1980 年、埼玉県生まれ。高校時代からベースを弾き始め、 大学在学中にフレットレス・ベースに転向。ジャズ研究部に所属する傍ら、都内のジャズ・スポット等で活動しはじめた。以来、独特のグルーヴを生み出す繊細な指先で、フレットレス・ベースの可能性を追求し、電化されている音色でアコースティック・アンサンブルに溶け込むことのできる数少ないフレットレスベース専業の演奏家として、ファーストコール的な存在となっている。

2005年~2006年、ブラジル音楽を斬新な解釈でアプローチした伝説のユニット『Bophana』(2003年結成)でメジャーデビュー、並行してベーシスト鈴木勲が主宰する『OMAsound』にも参加し、ジャズ・シーンに頭角を現した。2009年、国際交流基金主催事業にて南米ツアー、2010年にはモンタレー・ジャズ・フェスティバルに出演。

サポート・メンバーとして、畠山美由紀、アン・サリー、けもの、小野リサのコンサート・ツアーなどに参加し、橋爪亮督グループ、西山瞳トリオNHORHM、植田章敬バンド、林正樹が主宰のプロジェクト『間を奏でる』では正式メンバーとして名を連ねる。また秋田慎治トリオ、太田朱美/Riskfactor、野本晴美トリオ、坪口昌恭/東京ザヴィヌルバッハ人力Special、菊地成孔、竹内直&ワガンなどとも共演するなどしている。

2016年5月からはベース・マガジン(リットー・ミュージック)にて、敬愛するジャコ・パストリアスの奏法を掘り下げた『ジャコから学ぶ、ベースを弾くための基礎知識』の連載開始した。2016年、自身のレーベル主宰し『miD』『透明な家具』『色彩感覚』の音源発表、ライヴ活動などを計画している。

img

[Live Information]

> September 28, 2016

(SONG X LIVE 039)『コピスをつつむ、12月のさざめき』アン・サリー・クリスマス・スペシャル・ライヴ開催のお知らせ。

2010年発表の「fo:rest」(SONG X 004)以来となる、待望の新アルバムの制作を(2017年発売予定)続けるアン・サリー。穏やかな暮らしのなかからつむぎ出された親密な歌声を、12月の祝日に家族や友人と愉しむ。一日限りの心温まるクリスマス・ライヴが決定しました!今回のロケーションは埼玉県三芳町に建つ、三芳町文化会館コピスみよし』での開催です。森林に包まれ風の鼓動が聞こえるとされる施設で、アン・サリーの歌声とともに12月のさざめきをお楽しみください。




三芳町芸術文化推進事業
[アン・サリー 『コピスをつつむ、12月のさざめき』クリスマス・スペシャル ライヴ 公演概要]

[日 時]2016年12月23日(祝・金)開演15:00 (開場14:30)
[会 場]コピスみよし(三芳町文化会館)ホール(約490席)
出 演]Ann Sally (vocal) ほか
料 金4,000円
※2市1町(三芳町、富士見市、ふじみ野市)に在住・在勤・在学の皆様:3,500円
※学生料金:2,000円 
※未就学児入場不可

主催 : コピスみよし(三芳町文化会館)、三芳町教育委員会
企画制作 : トールツリー(株式会社ケイミックス)
制作協力 : 株式会社ソングエクス・ジャズ



[チケットご購入のご案内]

チケット発売日 : 2016年10月8日(土)10:00~
※発売初日はコピスみよし電話予約のみの受付です。
(プレイガイド発売は10月9日(日)10:00~)

コピスみよし(三芳町文化会館) 049-259-3211 *オンラインチケットはこちら
チケットショップファミリー(ダイエー三芳店内)049-259-9587
イープラス http://eplus.jp/
チケットぴあ(Pコード:310-984) 0570-02-9999 http://t.pia.jp/

■ 注意事項
※未就学児童はご入場いただけません。
※障がい者割引、団体割引(10名様以上)、車いす席、難聴システムのご用意がございます。詳細はお問合せください。
※やむを得ない事情により出演者などが変更されることがあります。
※ご予約後のキャンセル、チケット代金の払い戻しは承れません(公演中止の場合を除く)。


お問合せ

コピスみよし(三芳町文化会館)
TEL:049-259-3211(窓口受付時間9:00~21:30/月曜休館/月曜が祝日の場合は翌火曜休館)



[会場アクセス]住所 : 埼玉県入間郡三芳町大字藤久保1100番地1


●交通案内詳細ページ




img

[Artist Information]

> July 11, 2016

(Ann Sally)TORIBA COFFEE presents COFFEE PEOPLE vol.12に掲載されました。

"TORIBA COFFEE(トリバコーヒー銀座本店)"は2014年6月にオープンした、世界中のこだわりの高品質豆を取り扱う珈琲専門店。カフェでも喫茶店でもない、美味しい"珈琲を家で楽しむ"お手伝いをしてくれる珈琲店です。そのTORIBA COFFEE代表の鳥羽伸博氏が毎月各界のゲストと、コーヒーを入り口に様々なトークを繰り広げていくCOFFEE PEOPLE。第11回目は我らが Ann Sallyがゲストとして登場。今回のインタビューでは、音楽への目覚めから、医師とアーティストの両立についての話や、音楽の不可思議についてまでを語っています。ぜひご覧ください。

記事閲覧リンク → http://www.toriba-coffee.com/column/546/

出演 : Ann Sally
聞き手:鳥羽伸博(TORIBA COFFEE代表)
写真:石毛倫太郎
構成:内田正樹
取材協力 : ソングエクス・ジャズ、hanai studio

img

[SONG X CONFERENCE]

> June 22, 2016

最終案内!(SONG X CONFERENCE vol.3)カート・ローゼンウィンケル・スペシャル・ワークショップ開催のお知らせ。

2009年にカート・ローゼンウィンケル氏を初招聘して以来、私どもが毎回楽しみにしているのが、サウンド・チェック〜リハーサルの後に行う、カートのウォーミング・アップ。各会場のステージ上で神経を尖らせながら、響きをテクニカル・スタッフと擦り合わせ、バンドと構成を確認し終えてから、最後に自らのコンデションを開場時間ギリギリまで整える。ただスケールを弾いているだけと本人は言いますが、それはとても電化された楽器から出ている音とは思えない「トーン」そのものです。

なかなか皆さんにお聴かせできる機会を作れなかったのですが、いよいよ来週から始まるツアーの中日となる2016年6月30日(木)に西麻布『KREI』で開催するスペシャル・ワークショップで、それに近いことをお聴かせできそうです。 参加費は少々割高ではありますが、当日はのギター・ソロ・ライヴも組み込まれていますので、楽器をお持ちにならなくても充分に楽しめる内容で、その音楽技法をギターと自身の言葉で語ってもらうワークショップを開催する予定です。実に多くのアイデアに紐づけられる音楽的な引き出しを、美しいトーンに置き換える「音の魔術師」のサウンドの秘密を解き明かします。当日はrabbitooのドラマー/ エンジニアとしても弊社でおなじみの田中 徳宗氏が通訳として登壇予定です。この機会をお見逃しなく!




SONG X CONFERENCE vol.3
SPECIAL WORKSHOP with KURT ROSENWINKEL@TOKYO - KREI

[日時]2016年6月30日 (木)
[時間]20:00 ~ 22:00(開場 19:00)
[会場]KREI SALON (東京都港区西麻布 2-24-2 KREI ビル B1F)
[出演]カート・ローゼンウィンケル 
[料金]15,000 円(税込)
[定員]40 名(応募先着順)
[予約]リンク応募フォーム→https://goo.gl/7yDjrvからお申し込みいただけます
[詳細]楽器等、持ち込み OK のワークショップとなります。

質疑応答の時間有り、終演後にサイン会も開催予定です。
主催 : 株式会社ソングエクス・ジャズ + 安永哲郎事務室
企画・制作:株式会社ソングエクス・ジャズ
協力:ブルー・ノート・ジャパン、有限会社ウォーキン



会場アクセス 
KREI website →http://krei-project.com/access
住所 : 東京都港区西麻布 2-24-2 KREI ビル B1F








img

[Release Information]

> May 16, 2016

(SONG X 028 LP)ヴィニシウス・カントゥアリア『Vinicius canta Antonio Carlos Jobim』アナログLP盤発売のお知らせ。

待望のアナログLP盤化決定!発売以来、世界的に高い評価を得ている、ヴィニシウス・カントゥアリア『Vinicius canta Antonio Carlos Jobim』(SONG X 028)がこのほどディスクユニオン社と共同企画で、6月22日にアナログLP盤としてリリースされることになりました!ソングエクス・ジャズでは本日(2016年5月17日)から先行予約(Pre-Order)販売を開始いたします。 


独特のヴォイシングとタイミングを駆使し、静寂の空間に音の余韻を響かせるヴィニシウス・カントゥアリアによる"ジョビン解体新書"。原曲と作者への敬意に裏付けられたパフォーマンスは、独創的であると同時にジョビンの音楽の本質を射抜く。



 



弊社ソングエクス・ジャズのオリジナル企画として2013年11月に東京でベーシック・トラックを録音し、作業現場をニューヨーク→リオ・デ・ジャネイロに移しながら制作を進め、2015年5月に日本先行販売、続いてUS 北米市場はSunnyside Records社、EU諸国市場はフランス Naive 社、韓国市場は C & L music の各社にライセンスされ、それぞれのテリトリーで好評を得ています。 ここ日本でも、J-WAVEの老舗プログラム「NIPPON EXPRESS SAÚDE! SAUDADE..」と世界の音楽情報誌「月刊ラティーナ」が共同主催している、ブラジリアン・ミュージックの年間アルバム・アワード2015年ブラジル・ディスク大賞で年間4位に選出されるなど、本年に入っても話題が続いていましたが、オリジナル発売から約1年が経過したこのほど遂に待望のアナログLP盤化が決定しました。 

本作は世界中からゲスト・アーティストしてビル・フリーゼル、メロディー・ガルドー、セルソ・フォンセカ、沢田 穣治、坂本 龍一、織原 良次、ジョイスなどが参加!が話題になるなど、ヴィニシウスの繊細な指先と官能的な声で、至高のメロディが描き出される『アントニオ・カルロス・ジョビン曲集』です。 



タイトル :  『Vinicius canta Antonio Carlos Jobim』LP
フォーマット : アナログLP 
品番 : SONG X 028 LP
発売日 : 2016年6月22日(水) 
価格 : 3,800円 + 税
収録楽曲数 : 13曲

SIDE:A
01 Lígia (Tom Jobim) 4:08
02 Caminhos cruzados (Tom Jobim - Newton Mendonça) 5:38
03 Vivo sonhando (Tom Jobim) 2:59
04 Só danço samba (Tom Jobim - Vinicius de Moraes) 2:52
05 Eu não existo sem você (Tom Jobim - Vinicius de Moraes) 1:38
06 Este seu olhar (Tom Jobim - Vinicius de Moraes) 3:15

SIDE:B
07 Retrato em branco e preto (Tom Jobim - Chico Buarque) 3:13
08 Por causa de você (Tom Jobim - Dolores Duran) 2:11
09 Garota de Ipanema (Tom Jobim - Vinicius de Moraes) 2:46
10 Felicidade (Tom Jobim - Vinicius de Moraes) 3:13
11 Insensatez (Tom Jobim - Vinicius de Moraes) 2:46
12 Inútil paisagem (Tom Jobim - Aloysio de Oliveira) 3:09
13 Você vai ver (Tom Jobim) 1:16

All songs produced & arrangement by Vinicius Cantuária

A&R Director/Product Planning : Makoto Miyanogawa (SONG X JAZZ Inc,.)

Tr. 01, 03, 04, 05, 06, 07, 08, 10. 11. 12
Recorded at echo and cloud studio (Tokyo) - Nov 2013
by Keiji Matsui (echo and cloud studio)

Tr. 03, 09, 13
Recorded at Jupiter Studio,Forest Studio (Rio de Janeiro) - May 2014
by Eduardo Chermont de Britto

Mixed by Takehiko Kamada (foxyroom)
Mastered by Seigen Ono at SAIDERA MASTERING (Saidera Paradiso Ltd.)


ご購入はこちらをクリック→

商品詳細ページはこちらをクリック→ SONG X 028 LP