img

[Others]

> May 26, 2013

(速報)マンフレート・アイヒャー来日!『ECM 〜 響きの考古学 - A Cultural Archeology』開催のお知らせ。

音のなかに沈黙が同居する。過去のなかを未来が横切る。ひとつの土地のなかに全世界が宿るーー1969年の発足以来、ジャズ、民俗音楽、クラシック、現代音楽、エレクトロニカなどを横断し、唯一無二の審美観によって未踏の音楽地図をつくりあげてきた孤高のレーベル「ECM(Editions of Contemporary Music)」。キース・ジャレット、ヤン・ガルバレク、エグベルト・ジスモンチ、スティーヴ・ライヒ、アルヴォ・ペルト、ジャン=リュック・ゴダールからテオ・アンゲロプロスまでをもとりこみ、現代文化の最も重要な水脈をひとり築き上げたマンフレート・アイヒャー。40年以上にわたって欧米の音楽文化を牽引してきたECM総帥が日本のファンに向けて語る、音楽の過去、現在、そして未来。 


株式会社ソングエクス・ジャズは2013年9月11日(水)、ECMの創始者であるマンフレート・アイヒャー氏を迎えて『ECM 〜 響きの考古学 - A Cultural Archeology』をドイツ文化会館ホール(東京・港区)にて開催。「マンフレート・アイヒャー、ECMを語る」と題し、基調講演とゲストスピーカーを招いたトークセッションをお届けします。アイヒャー氏自らが『ECM』の真実を語り明かす、一夜限りのスペシャルイベント。昨年レーベルの本拠地ミュンヘンで開催された展覧会に合わせて発売された書籍『ECM - A Cultural Archaeology』(英語版)に沿って、「奇跡のレーベル」の軌跡と未来を辿ります。 

チケット購入方法など詳細については、近日(6月上旬予定)このウェブ・サイトにてお知らせいたします。