img

[Live Information]

> August 14, 2013

(速報)カート・ローゼンウィンケルが、轟音ピアノ・トリオ「ザ・バッド・プラス」と共演、11月来日公演決定!

2000年の結成時から、轟音トリオと評され世界中でセンセーションを巻き起こしたピアノ・トリオ、ザ・バッド・プラス The Bad Plus(イーサン・アイヴァーソン piano、リード・アンダーソン bass、デヴィッド・キング drums)。名プロデューサー、チャド・ブレイクを迎えて制作されたアルバム『These Are The Vistas』(2003年)で、グランジロックや80年代のロックアンセムの楽曲をカヴァーし、以来そのまったく奇想天外な解釈とアプローチがジャズ・ファンだけでなく、幅広い多くの音楽ファンに衝撃を与えました。その後、ありとあらゆる音楽への探究心とロックスピリットを悪戦苦闘しながらも拡張させ、いよいよここ数年のトリオによるアンサンブルは、エネルギーと精巧さのなかに美しさをも併せ持つ、異次元のトリオへと成熟度を高めることに成功しています。


一方、もはや現代ジャズ・ギターの"皇帝"として、ギターの演奏力だけでなく、コンポジション力、そして録音作品の完成度など、まさに音楽家としても絶頂期を迎え、その地位を確固たるものにしているカート・ローゼンウィンケル。7年ぶりのオリジナル・スタジオ録音作となった『スター・オブ・ジュピター』(2012年 - SONG X 013/014)で、そのオリジナリティを爆発させ益々精力的に活動を続けています。


バッド・プラスとカート・ローゼンウィンケル。同世代ということもあり、お互いに刺激し合う関係のなか、2009年にはジャズ評論家・文筆家としても活動するイーサン・アイヴァーソンが、カートのスタンダード曲集「リフレクションズ」でライナー・ノーツを執筆するという"つながり"を見ることができました。各々がアーティスト・音楽家として成熟するなか、どのような大胆不敵なセッションが繰り広げられるか期待がかかります。




[ 公演スケジュール ]

- 2013年
11月16日(土)【東京 丸の内】コットンクラブ Cotton Club 
11月17日(日)【東京 丸の内】コットンクラブ Cotton Club 
11月19日(火)【東京 南青山】ブルー・ノート東京 
11月20日(水)【東京 南青山】ブルー・ノート東京  

[ 来日メンバー ] 
イーサン・アイヴァーソン(ピアノ)Ethan Iverson(p) 
リード・アンダーソン(ベース)Reid Anderson(b) 
デヴィッド・キング(ドラムス)David King(ds) 
カート・ローゼンウィンケル(ギター)Kurt Rosenwinkel(g)