img

[Release Information]

> November 7, 2015

【本日より予約販売開始!】Ann Sally 『Brand-New Orleans 10th Anniversary Edition』CD (SONG X 030)、アナログLP (SONG X 030 LP)発売のお知らせ。

音楽の街"ニュー・オリンズ"で地元の仲間達と制作された2005年の名作『Brand - New Orleans』が『10th Anniveresary Edition』となって復刻!アン・サリー・ファンだけでなく、ジャズ・ファンやシリアスな音楽リスナー達に新しい衝撃を与えた最重要作品が蘇りました。ボーナス・トラックとして細野晴臣、畠山美由紀らと参加した"ハリケーン・カトリーナ"救済ソング2曲を初収録。さらにはリクエストの多かったアナログLP盤(ハイレゾ・ダウンロード・コードつき)も初回限定生産で発売決定!

本作品のサウンドは当時のアナログ・マスター・テープを世界的なエンジニア、オノ・セイゲン氏が最新の技術を駆使しリマスタリングし、アナログ・レコーディングならではの温もりのある音が蘇りました。

また兼ねてから各方面からリクエストの多かったアナログLP盤を、初回生産限定で発売決定。レコード針から流れる音とともに、同アナログLP盤に封入されているダウンロード・コードでハイレゾ(24bit/96KHz WAV) 音源にもアクセスが可能で、オリジナル・レコーディングのサウンドを体感することができます。

本作品の魅力は大らかなニューオリンズの現地ミュージシャン仲間達との共演ということだけでなく、アン・サリー自身が初めてセルフ・プロデュースした作品として、細部にわたる発声法や、和声・コードのニュアンスへの拘り、本場のリズム・セクションとの呼応など、それまでに培った彼女の音楽的なバックグランドを多分に発揮し制作された作品としてお楽しみいただけます。

奇しくも2015年は、ブランニュー・オリンズのオリジナル発売年と、ハリケーン・カトリーナが現地を襲ってから同じく10年が経過したこともあり、この機会に、当時、細野晴臣、畠山美由紀らと参加した「ハリケーン・カトリーナ」救済ソング2曲をボーナス・トラックとして初収録することとなりました。

アルバム・タイトルにある『ブランニュー~』は敬愛する世界の楽曲に新しい試みを取り入れた解釈により、アン・サリー・ファンだけでなく、ジャズ・ファンやシリアスな音楽リスナー達に広く受け入れられました。

長らく廃盤になっていた本作品に新しい息吹が与えられたました。そのサウンドに身を委ねてみてください。




CD (SONG X 030) 
Ann Sally 『Brand-New Orleans 10th Anniversary Edition』 

フォーマット : Audio CD 
品番 : SONG X 030 
発売日 : 2015年11月11日(水) 
価格 : 2,500円 + 税 
収録楽曲数 : 16曲 
収録曲 : 
01. Basin Street Blues 
02. Honeysuckle Rose 
03. Since I Fell For You 
04. アフリカの月 
05. When You're Smiling 
06. Lazy River 
07. Sweet Georgia Brown 
08. Until It's Time For You To Go 
09. I Know 
10. Way Down Yonder In New Orleans 
11. 胸の振子 
12. Bogalusa Strut 
13. What A Wonderful World 
Bonus Tracks 
14. Do You Know What It Means to Miss New Orleans? 
15. Bound For Glory - Just a Closer Walk with Thee 
16. Bound For Glory - Do You Know What It Means to Miss New Orleans? 

 ご購入はこちらをクリック→    

 商品詳細ページはこちらから→ SONG X 030




アナログLP (SONG X 030 LP) 

Ann Sally 『Brand-New Orleans 10th Anniversary Edition』 LP 

フォーマット : アナログLP + Hi-Res (96khz/24bit WAV) 
品番 : SONG X 030 LP ※ 初回生産限定 
発売日 : 2015年12月9日(水) 
価格 : 5,000円 + 税 
収録楽曲数 : 12曲 (ダウンロード・コードにより全16曲) 
LP 収録曲 : 
 SIDE-A 
01. Basin Street Blues 
02. Honeysuckle Rose 
03. Since I Fell For You 
04. アフリカの月 
05. When You're Smiling 
06. Lazy River 

 SIDE-B 
01. Sweet Georgia Brown 
02. Until It's Time For You To Go 
03. I Know 
04. Way Down Yonder In New Orleans 
05. 胸の振子 
06. What A Wonderful World 

※ 美音を生かすべく、収録時間に制限をかけオリジナルCDに収録されている楽曲の一部は今回のLPには収録されません。 
※ ハイレゾ音源 (96khz/24bit WAV)にはCDに収録されていると同等の収録楽曲16曲をダウンロード可能です。 

ご購入はこちらをクリック→    

商品詳細ページはこちらから→ SONG X 030 LP



Produced & Arranged by Ann Sally 

Ann Sally: vocal 
Fredrick Sanders: piano, Hammond organ 
Richard Moten: bass 
Gerald French: drums 
Eric Traub: tenor sax 
Mark Braud: trumpet 

Re-Mastered by Seigen Ono at SAIDERA MASTERING (Saidera Paradiso Ltd.) 

Originally Recorded by Mark Bingham at Piety Street Recording 
Tr. 02, 09, 14 were Recorded by Tim Stambaugh at Word of Mouth Studio Originally Mixed by Mark Bingham 
Originally Mastered by John Fischbach in New Orleans, Louisiana U.S.A 2004 

Tr. 15, 16 were Recorded at Heart Beat Recording Studio by Tadashi Nakamura 

Reissue planed by Makoto Miyanogawa (SONG X JAZZ Inc,.) 

Reissue supervised by Haruhiko Iida (Ann Sally Productions) 



3 年間に渡り生活した「ニューオリンズ」、音楽が染み渡る街で現地の仲間達と制作された名 作が、10 年の時を経て 10th Anniversary Edition として蘇ります。未発表音源を含む音源 をアナログマスターからリマスタリングし再登場! 

出来上がったこのアルバムを聴いていると、ニューオリンズでの3年間の日々の感触が自然と思い出される。生まれて初めての海外生活、たった独りでスーツケース一つだけ持って、誰も知る人のいないニューオリンズ空港に降り立った時のこと。夜のむんとした湿気に迎えられ、車の窓から初めて見た暗い町並み。「ここにはどんな人たちが暮らし、どんな音楽が流れ、どんな出会いが待ち構えているのだろうか」、その時の私には想像もできなかったものだ。そして10年後の今、こうして音楽という形で目の前に形作られたものが手の中にある。音と音の間にはこの3年間の日々の生活の中で見たもの、触れたもの、感じたもの、聴いたもの、震えたもの、その些細な一つ一つがぎゅっと濃縮され閉じ込められているみたいだ。私という微力な一人の人間が、音楽って人間って面白いなあという気持ちに駆り立てられて、一歩一歩いろんな音楽に触れ、人と出会うことで、気が付くと他人行儀だったこの街にも親しみやすい居場所が出来つつあった。そして、ニューオリンズで生まれ育った彼らの奏でる音一つ一つには、長い歴史の重みがずっしりと刻み込まれていることを少しは感じ取れるようになった。とは言え3年間というのは、彼らの文化そのものを深く理解するには短すぎる時間だったと思う。しかしこの生活の中で少しずつ心の中に芽生え気づいたこと、それは「音楽とは、いかに生きるかということである」ということだったのではないだろうか。このことを今後世界のどこで暮らし、何をしていようとも、忘れることはないだろうし、忘れられないだろうと思う。 

 Ann Sally



img

[Release Information]

> November 5, 2015

New Release !『RIO/I around』(SONG X 031)発売のお知らせ。

その艶やかな4弦から、すでに数多くの伝説を生み出しているウクレレ・プロディジーこと「RIO」が、ついにアルバム・デビュー。豊かな彩りと無限の表現力で、ジャンルや国境をも飛び越え、多くの人と音楽を分かち合う。好奇心と希望に満ちた14歳。その瑞々しい感性がきらめく、注目の第一章。


ここ数年登場が噂されていた、掟破りの大型新人アーティスト「RIO」(2001年生まれ)のファースト・アルバム『I around』(SONG X 031)。まずは一度、そのサウンドを聴いていただきたい。おそらくブラインドでお聴きになった貴方は、それがウクレレの音であることに気がつかないだろう。ときにアグレッシヴに、ときに美しく綴る14歳の音風景とはどんなものか。4弦に託された好奇心と希望が交錯する瞬間に立ち会うことができる。








収録曲 : 
01. El Cumbanchero (Rafael Hernández) 4:33
02. Around (RIO) 6:26
03. Bluesette  (Toots Thielemans) 4:01
04. Co-Co-Me-Ro (Miki Saito) 7:40
05. Malagueña  (Ernesto Lecuona) 4:42
06. Episode (Jyoji Sawada) 3:56
07. Lover (Richard Rodgers) 4:16
08. Desafinado (Antonio Carlos Jobim) 4:50
09. Mother (Miki Saito)  2:57
10. Hone A Ka Wai (Ernest Ka'ai) 2:57

参加アーティスト * 
RIO: ukulele
Jyoji Sawada: contrabass
Aska Kaneko: violin
Yoichi Okabe: percussions

Sound Producer: Jyoji Sawada, Aska Kaneko,Miki Saito
Recording and Mix Engineer : Takehiko Kamada (foxyroom)
Mastered by Seigen Ono at SAIDERA MASTERING (Saidera Paradiso Ltd.)

ヴァリエーション豊かに選ばれたカヴァー曲とオリジナル楽曲をサウンド・プロデュースしたのは、ショーロクラブを活動の軸としながらも、コントラバスに限らずあらゆる楽器を演奏し、作・編曲など多岐にわたる音楽制作に携わっている鬼才「沢田 穣治」。その細くも力強く緩やかな"弓" であらゆる音楽シーンを牽引してきた気鋭のヴァイオリニスト「金子 飛鳥」が努め、RIOの奔放な波動に応えた。加えてパーカッションには巨匠「岡部 洋一」を迎え、そのボトムの安心感を揺るぎないものとしている。

制作陣には弊社作品ではおなじみの録音/ミックス・エンジニアである鎌田岳彦氏(foxyroom)、マスタリング・エンジニアには全世界で精力的に活動するオノ・セイゲン氏(サイデラ・マスタリング)を起用。当代きっての辣腕を迎え制作されたデビュー・アルバム『I around』(SONG X 031)を是非、お聴きください。

※ CD店での一般発売日(2015年12月9日(水)に先行して、AmazonとSONG X SHOPでの販売を開始しています。


作品詳細ページはこちら → SONG X 031 



RIO's Profile : 

この数年間に、14 歳のウクレレ奏者 RIO はアジアやニューヨーク、ハワイのウクレレフェスで演奏。特にホノルルのハード・ロック・カフェでのコンサートはお馴染みである。これまでにハワイのデュークス・ウクレレ・コンテストや、インターナショナル・ウクレレ・コンテストでも1位を獲得。また自らのスタイルの追求によって、ダイナーズクラブ・ソーシャル・ジャズ・セッション 2013-2014 で優秀賞を獲得。リーリトナー氏、ブルーノート東京より賞賛される。TEDxTokyo 2014、TEDxYouth@Tokyo や 2014 TEDxTeachers Conference にも招かれ、もはや TEDx のお馴染みともなり、聴衆を魅了している。2013 年、1st ミニ・アルバム「Lover」をリリースし、2014 年には、錚々たるウクレレプレーヤーから作られるハワイ発コンピレーション・アルバム「Island Style Ukulele Vol.2」(Na Hoku Hanohano Awards 2015 受賞)、クリスマス・アルバム 「An Ukulele Christmas 2」にも参加している。そして、ニューヨークのアポロ・シアターで開催されたアマチュア・ナイトでパフォーマンスを披露し、1 位を獲得した。2015 年 オリジナル曲を含む、初めてのフルアルバムをリリース。4 弦から生み出される RIO 独特の無限の表現力で、ジャンルを超え、国境も飛び越え、多くの人と音楽の楽しさを分かち合いたい。そんな好奇心と希望に満ちたウクレレプレーヤーである。

photo_C0A6782.jpg

 In just a few short years, 14-year-old ukulele prodigy, RIO, has shown great promise with his musical skills and abilities. Having performed at music festivals throughout Asia, RIO has also performed in notable U.S.A. venues as far away as New York City and Honolulu; capturing 1st place at Amateur Night at Apollo Theater in New York City and making periodic on-stage performances at the Hard Rock Café - Honolulu. RIO has also garnered first place accolades at Duke's Ukulele Contest and at the Royal Hawaiian Annual International Ukulele Contest. RIO's other interest with ukulele is in the development of his own style of music and playing. This interest has subsequently led him towards receiving an Award of Excellence at the Diner's Club Social Jazz Session 2013-14. Additionally, thanks to opportunities for the performances at TEDxYouth@Tokyo 2013, TEDxTokyo Teachers Conference 2014, and TEDxTokyo 2014, RIO is no longer a stranger to TEDx conferences. Among his other accomplishments, RIO has also released his first mini album entitled "Lover" and performed in ukulele collaboration CDs, "Island Style Ukulele Vol. 2" which won a Na Hoku Hanohano Awards 2015 and "An Ukulele Christmas 2;" both released in 2014. RIO will be releasing his first full album in 2015, filled with RIO Music along with original songs.

Official Web-site : http://gloriomusic.com