img

[Artist Information]

> December 1, 2018

(Ann Sally)映画『あの日のオルガン』の主題歌が「満月の夕(2018ver.)」に決定!

太平洋戦争末期、日本で初めて保育園を疎開させることに挑んだ保母たちの実話を描いた、映画『あの日のオルガン』の主題歌をアン・サリーが担当しています。主題歌「満月の夕(2018ver.)」は新たに録音した新テイクです。

映画『あの日のオルガン』は、第2次大戦末期に保母(保育士)たちが幼い園児たちとともに集団で疎開し、東京大空襲の戦火を逃れた「疎開保育園」の実話を戸田恵梨香さんと大原櫻子さんの主演、山田洋次作品の多くで脚本、助監督を務めてきた平松恵美子さんの監督、脚本により映画化されたものです。

本作は、親元から遠く離れた荒れ寺へ、53人の園児たちと疎開生活をスタートさせ、幾多の困難を乗り越え、託されたいのちを守りぬこうとするヒロインたちの奮闘を描いた真実の物語です。メガホンをとるのは『ひまわりと子犬の7日間』の監督であり、長年山田洋次監督との共同脚本、助監督を務めてきた平松恵美子監督。さらに、日本アカデミー賞での受賞経験を多数持つ日本映画界を代表する豪華スタッフが本作を支えます。

舞台は1944年、第2次世界大戦末期の東京。警報が鳴り、防空壕に非難する生活が続く中、品川の戸越保育所では園児たちの安全を確保するため、保母たちが保育所の疎開を模索していた。ようやく受け入れ先として見つかった埼玉の荒れ寺で疎開生活をスタートした若い保母たちと園児たちは、日々噴出するさまざまな問題に直面しながらも、互いに励ましあいながら奮闘していく姿を描いた作品です。

その作品の主題歌に平松監督が選んだのは、アン・サリーがこれまで長きにわたりレパートリーに組み入れている『満月の夕』でした。ご存知の方も多いかも知れませんが、同曲は1995年に発生した阪神・淡路大震災の夜、満月がのぼっていたことからインスピレーションを受け、日本の2つのロックバンドのリーダーである「ソウル・フラワー・ユニオン」の中川敬氏と「ヒートウェイヴ」の山口洋氏が共作した楽曲です。幾多のバンドやアーティストが同曲をカヴァーし続けているのは、都度、各所で発生してしまった震災からの復興への厳しい現実、それらに向き合おうとする被災地の人々の姿をあらわしている楽曲であり、90年代以降〜現在までにおける最も強いメッセージ・ソングのひとつとして知られているからです。



アン・サリーはこの主題歌のために、平松監督の立会いのもと「満月の夕(2018ver.)」としてあらたにレコーディングに臨みました。映画は2019年2月22日(金)に公開になります。