img

[Release Information]

> February 5, 2017

(SONG X 042)カート・ローゼンウィンケル『Caipi (Japan Edition)』(SONG X 042)発売のお知らせ。

崇高なるジャズ・ギターの権化。カート・ローゼンウィンケルが制作に10年をかけた超大作『Caipi』がいよいよ発売されます。あらゆる楽器を自ら自在に操り、これまで自分を深く動かした音楽の要素を盛り込んだ、創造力溢れる楽曲たちが、聴くものを未知の冒険に連れ出してくれる。カートのファンを自称するE・クラプトンもゲスト参加!日本盤のみボーナス・トラック「Song for our sea」を収録!


製品情報 
アーティスト : カート・ローゼンウィンケル 
タイトル : Caipi (Japan Edition) 
品番 : SONG X 042 
フォーマット : Audio CD 
価格 : 2,500円 + 税  
ご購入ダイレクト・ボタン↓
発売日 : 2017年2月24日(金)

収録曲情報 

01. Caipi 
Kurt Rosenwinkel: guitar, bass, piano, drums, percussion, synth, voice
Pedro Martins: voice



02. Kama(Rosenwinkel/Brecker) 
Kurt Rosenwinkel: electric guitar, bass, percussion, piano, synth
Pedro Martins: voice, synth
Frederika Krier: violin
Andi Haberl: drums



03. Casio Vanguard(Rosenwinkel/Loureiro) 
Kurt Rosenwinkel: guitar, drums, percussion, bass, piano, synth, casio, voice
Pedro Martins: voice
Antonio Loureiro: voice
Alex Kozmidi: baritone guitar

04. Song for our sea  ※Japan Bonus Track 
Kurt Rosenwinkel: Guitar, Piano, Drums
Ben street: bass
Frederika Krier: violin
Johannas Lauer : Trombome

05. Summer Song
Kurt Rosenwinkel: piano, drums, bass, voice, guitar
Pedro Martins : percussion, voice, harmonium
Kyra Garéy: voice

06. Chromatic B 
Kurt Rosenwinkel: guitar, piano, bass, drums, percussion, synth, casio, voice
Frederika Krier: violin

07. Hold on 
Kurt Rosenwinkel: guitar, piano, bass, percussion, synth, casio, voice
Pedro Martins : voice, drums, synth



08. Ezra 
Kurt Rosenwinkel: guitar, piano, bass, drums, percussion, synth, voice
Pedro Martins: voice, floor tom
Mark Turner: tenor saxophone

09. Little Dream 
Kurt Rosenwinkel: guitar, piano, bass, percussion, synth, voice
Pedro Martins : voice
Amanda Brecker: voice
Eric Clapton: guitar

10. Casio Escher 
Kurt Rosenwinkel: guitar, piano, bass, drums, percussion, synth, casio, voice
Pedro Martins: voice
Mark Turner: tenor saxophone
Amanda Brecker: voice

11. Interscape 
Kurt Rosenwinkel: guitar, drums, percussion, bass, piano, casio, voice
Frederika Krier: violin
Zola Mennenöh: voice

12. Little B 
Kurt Rosenwinkel: guitar, piano, bass, drums, percussion, synth, voice
Pedro Martins: voice
Chris Komer: french horn

Artist name : Kurt Rosenwinkel 
Album title : Caipi (Japan Edition) 
Product number : SONG X 042
All songs composed by Kurt Rosenwinkel

Recorded at Heartcore studios, Berlin by Kurt Rosenwinkel
Additional recording at Big Orange Sheep Studio, NYC by Michael Perez-Cisneros
Recording assistant: Kevin Frias
Additional recording at Sear Sound, NYC, by Chris Allen 
Mixed by Paul Stacey at Strangeway Studios, London
Mastered by Mandy Parnell at Black Saloon Studios, London Artwork by Beatriz Morales


ご購入ダイレクト・ボタン↓ 



img

[Release Information]

> October 17, 2016

(SONG X JAZZ × Heartcore Records )カート・ローゼンウィンケル主宰の新レーベル『Heartcore Records』作品、取扱い開始のお知らせ。

この度ソングエクス・ジャズは、これまでも音源販売・招聘公演事業の両面を取り扱いを続けているアーティスト、カート・ローゼンウィンケル氏がドイツ・ベルリンを拠点にして、新たに立ち上げた新レーベル『Hearcore Records』作品の日本国内市場への頒布・配給権、及び招聘ライヴ・コンサートのブッキング・制作業務を担当することになりました。まもなく、そのレーベル第一弾「Caipi」(SONG X 042) についての発売日、作品詳細を公式にアナウンス予定です。

カートのオリジナル・アルバムとしては2012年11月発表「Star of Jupiter」(SONG X 013/014)以来の約5年ぶりの作品となり、その内容はほとんどすべての楽器をカート自らで担当し、これまで幅広く共演してきたゲスト・アーティストが世界中から多数参加するなど話題満載な作品です。

詳しくはこのページで、近日ご案内の予定です。乞うご期待ください!

img

[Release Information]

> May 16, 2016

(SONG X 028 LP)ヴィニシウス・カントゥアリア『Vinicius canta Antonio Carlos Jobim』アナログLP盤発売のお知らせ。

待望のアナログLP盤化決定!発売以来、世界的に高い評価を得ている、ヴィニシウス・カントゥアリア『Vinicius canta Antonio Carlos Jobim』(SONG X 028)がこのほどディスクユニオン社と共同企画で、6月22日にアナログLP盤としてリリースされることになりました!ソングエクス・ジャズでは本日(2016年5月17日)から先行予約(Pre-Order)販売を開始いたします。 


独特のヴォイシングとタイミングを駆使し、静寂の空間に音の余韻を響かせるヴィニシウス・カントゥアリアによる"ジョビン解体新書"。原曲と作者への敬意に裏付けられたパフォーマンスは、独創的であると同時にジョビンの音楽の本質を射抜く。



 



弊社ソングエクス・ジャズのオリジナル企画として2013年11月に東京でベーシック・トラックを録音し、作業現場をニューヨーク→リオ・デ・ジャネイロに移しながら制作を進め、2015年5月に日本先行販売、続いてUS 北米市場はSunnyside Records社、EU諸国市場はフランス Naive 社、韓国市場は C & L music の各社にライセンスされ、それぞれのテリトリーで好評を得ています。 ここ日本でも、J-WAVEの老舗プログラム「NIPPON EXPRESS SAÚDE! SAUDADE..」と世界の音楽情報誌「月刊ラティーナ」が共同主催している、ブラジリアン・ミュージックの年間アルバム・アワード2015年ブラジル・ディスク大賞で年間4位に選出されるなど、本年に入っても話題が続いていましたが、オリジナル発売から約1年が経過したこのほど遂に待望のアナログLP盤化が決定しました。 

本作は世界中からゲスト・アーティストしてビル・フリーゼル、メロディー・ガルドー、セルソ・フォンセカ、沢田 穣治、坂本 龍一、織原 良次、ジョイスなどが参加!が話題になるなど、ヴィニシウスの繊細な指先と官能的な声で、至高のメロディが描き出される『アントニオ・カルロス・ジョビン曲集』です。 



タイトル :  『Vinicius canta Antonio Carlos Jobim』LP
フォーマット : アナログLP 
品番 : SONG X 028 LP
発売日 : 2016年6月22日(水) 
価格 : 3,800円 + 税
収録楽曲数 : 13曲

SIDE:A
01 Lígia (Tom Jobim) 4:08
02 Caminhos cruzados (Tom Jobim - Newton Mendonça) 5:38
03 Vivo sonhando (Tom Jobim) 2:59
04 Só danço samba (Tom Jobim - Vinicius de Moraes) 2:52
05 Eu não existo sem você (Tom Jobim - Vinicius de Moraes) 1:38
06 Este seu olhar (Tom Jobim - Vinicius de Moraes) 3:15

SIDE:B
07 Retrato em branco e preto (Tom Jobim - Chico Buarque) 3:13
08 Por causa de você (Tom Jobim - Dolores Duran) 2:11
09 Garota de Ipanema (Tom Jobim - Vinicius de Moraes) 2:46
10 Felicidade (Tom Jobim - Vinicius de Moraes) 3:13
11 Insensatez (Tom Jobim - Vinicius de Moraes) 2:46
12 Inútil paisagem (Tom Jobim - Aloysio de Oliveira) 3:09
13 Você vai ver (Tom Jobim) 1:16

All songs produced & arrangement by Vinicius Cantuária

A&R Director/Product Planning : Makoto Miyanogawa (SONG X JAZZ Inc,.)

Tr. 01, 03, 04, 05, 06, 07, 08, 10. 11. 12
Recorded at echo and cloud studio (Tokyo) - Nov 2013
by Keiji Matsui (echo and cloud studio)

Tr. 03, 09, 13
Recorded at Jupiter Studio,Forest Studio (Rio de Janeiro) - May 2014
by Eduardo Chermont de Britto

Mixed by Takehiko Kamada (foxyroom)
Mastered by Seigen Ono at SAIDERA MASTERING (Saidera Paradiso Ltd.)


ご購入はこちらをクリック→

商品詳細ページはこちらをクリック→ SONG X 028 LP


img

[Release Information]

> February 19, 2016

(SONG X 036 - SONG X LIVE 037)rabbitoo セカンド・アルバム『the torch』発売 & 発売記念ライヴ開催のお知らせ。

火の揺らぎ、蜃気楼、架空の世界 ....... ゆらめきな がら弧を描き、異空間へと誘う。気鋭のポストジャズ集団「rabbitoo」が放つ、待望の第 2 集。 ジャズのバックグラウンドを自在に拡張しながら ボーダーレスな活動を続ける 5 人が生み出すトライバルでいて未来的な音の物語へ、いざ!

みなさま、大変お待たせいたしました!いよいよ rabbitoo 待望のセカンド・アルバム「the torch」(SONG X 036)をここに発表いたします。まずはその最新アルバムから3曲ほどSoundCloudにアップしました。今回も制作に充分な時間をかけて一音一音磨き上げたサウンドをお楽しみいただけます。


   




rabbitoo the torch (SONG X 036) 発売情報
品番 : SONG X 036
価格 : 2,500円 + 税
SONG X SHOP 先行発売日 : 2016年2月24日(水)am 10:00~
一般発売日 : 2016年3月23日(水)

収録曲 :
01. バターランプの頂きにて 5:32
02. 火のこどもたち 6:13
03. MET-ROPE-OPLE 4:30
04. やがて星は泥の眠りから醒める 7:01
05. 影に満ちて梟は雪のように眠る 3:25
06. Nodding Robo Labo 4:49
07. 15 Arrows 3:10
08. 渦巻 6:24
09. pool 4:25

ご購入ダイレクト・ボタン→  



rabbitoo 2nd album『the torch』発売記念ツアー情報 -
※ 各会場で新アルバムの先行販売を実施いたします!

rabbitoo the torch live@MITO
[日 程]2016年2月28日 (日) 17:30 open/ 18:00 start
[時 間]17:30 open/ 18:00 start
[会 場]水戸 CORTEZ 茨城県水戸市けやき台3丁目28番5
[料 金]¥3,500 (+ drink order)
[予 約]CORTEZ
[電 話]029-291-3095
[email]cortez@tea.ocn.ne.jp
[詳 細]http://cortez.jp/

rabbitoo the torch live@NAGOYA
[日 時]2016年3月2日 (水)
[時 間]19:00 open/ 19:30 start
[会 場]K.D Japon 名古屋市中区千代田5丁目12-7
[料 金]予約 ¥2,500/ 当日 ¥3,000 (+ drink order)
[予 約]K.D Japon
[電 話]052-251-0324
[email]kdjapon@gmail.com
[詳 細]http://www2.odn.ne.jp/kdjapon/

rabbitoo the torch live@OSAKA
[日 時]2016年3月3日 (木)
[時 間]17:00 open/ 19:00 start
[会 場] 大阪 Royal Horse 大阪市北区兎我野町15-13
[料 金]S ¥3,000/ A ¥2,500/ barcounter ¥1,500 (+ 1drink 1food order)
[予 約]Royal Horse
[電 話]06-6312-8958
[email]info@royal-horse.jp
[詳 細]http://www.royal-horse.jp/

rabbitoo the torch live@OKAYAMA
[日 時]2016年3月4日 (金)
[時 間]20:00 live start
[会 場]岡山 Blue Blues 岡山市北区表町3丁目12-12 千日センター街ビル2F
[料 金]前売 ¥3,000/ 当日 ¥3,500 (+ drink order)
[予 約]Deco's Kitchen
[電 話]TEL 086-221-5335
[email]decoluna0209@gmail.com
[詳 細]

rabbitoo the torch live@TOYAMA
[日 時]2016年3月6日 (日)
[時 間]19:30 open/ 20:00 start
[会 場]富山 音楽酒家 村門 富山市上本町6-1 3F
[料 金]予約 ¥3,000/ 当日 ¥3,500 (+ drink order)
[予 約]富山 音楽酒家 村門
[電 話]076-421-7751
[email] info@murakado.jp
[詳 細]http://murakado.jp/

rabbitoo the torch live@TOKYO - FUKUMORI
[日 時]2016年3月23日 (水)
[時 間]19:00 open/ 20:00 start
[会 場]フクモリ マーチエキュート神田万世橋店 東京都千代田区神田須田町 1-25-4
[料 金]¥2,500 (1 drink付) / ¥4,000 (new CD, 1 drink付)
[予 約]フクモリ マーチエキュート神田万世橋店
[電 話]03-6206-8381
[email]info@fuku-mori.jp
[詳 細]http://fuku-mori.jp/manseibashi
https://www.facebook.com/events/520815848097811/



img

[Release Information]

> February 7, 2016

(発表!)2016年上半期の音源発売予定及び、公演計画のお知らせ。

ソングエクス・ジャズは2016年上半期シーズンの音源発売と公演計画を下記のように予定しています。発売日等詳細は都度このWeb Site で行います。

2016年前半-音源発売予定
SONG X 035 : Takayoshi Baba Standards Trio | Inner Urge
SONG X 036 : rabbitoo | the torch
SONG X 037 : Manu Katché | UNSTATIC ※世界先行発売
SONG X 038 : Koichi Sato | Melancholy of a Journey
SONG X 039 : Jyoji Sawada & Fernando Kabusacki | - TBA(Recorded at Tokyo)
SONG X 040_041 : ChoroClub with Vocalistas | The Complete Takemitsu Songbook
SONG X 042 : Ryoji Orihara | 透明な家具

2016年後半-音源発売予定
SONG X 043 : ChoroClub |TBA(Original New Album!)
SONG X 044 : Ann Sally | TBA(Original New Album!)
SONG X 045 : Jyoji Sawada | TBA(Original New Album!)

2016年前半-公演計画
SONG X LIVE 036 : Yuichi Ohata Trio@ Fukumori (終了)
SONG X LIVE 037 : rabbitoo @ Fukumori
SONG X LIVE 038 : Kurt Rosenwinkel Trio tour 2016

Concert Produce Works -
TAKEMITSU SONGBOOK CONCERT at 練馬文化センター(大ホール) ( 14 May 2016 )


img

[Release Information]

> November 7, 2015

【本日より予約販売開始!】Ann Sally 『Brand-New Orleans 10th Anniversary Edition』CD (SONG X 030)、アナログLP (SONG X 030 LP)発売のお知らせ。

音楽の街"ニュー・オリンズ"で地元の仲間達と制作された2005年の名作『Brand - New Orleans』が『10th Anniveresary Edition』となって復刻!アン・サリー・ファンだけでなく、ジャズ・ファンやシリアスな音楽リスナー達に新しい衝撃を与えた最重要作品が蘇りました。ボーナス・トラックとして細野晴臣、畠山美由紀らと参加した"ハリケーン・カトリーナ"救済ソング2曲を初収録。さらにはリクエストの多かったアナログLP盤(ハイレゾ・ダウンロード・コードつき)も初回限定生産で発売決定!

本作品のサウンドは当時のアナログ・マスター・テープを世界的なエンジニア、オノ・セイゲン氏が最新の技術を駆使しリマスタリングし、アナログ・レコーディングならではの温もりのある音が蘇りました。

また兼ねてから各方面からリクエストの多かったアナログLP盤を、初回生産限定で発売決定。レコード針から流れる音とともに、同アナログLP盤に封入されているダウンロード・コードでハイレゾ(24bit/96KHz WAV) 音源にもアクセスが可能で、オリジナル・レコーディングのサウンドを体感することができます。

本作品の魅力は大らかなニューオリンズの現地ミュージシャン仲間達との共演ということだけでなく、アン・サリー自身が初めてセルフ・プロデュースした作品として、細部にわたる発声法や、和声・コードのニュアンスへの拘り、本場のリズム・セクションとの呼応など、それまでに培った彼女の音楽的なバックグランドを多分に発揮し制作された作品としてお楽しみいただけます。

奇しくも2015年は、ブランニュー・オリンズのオリジナル発売年と、ハリケーン・カトリーナが現地を襲ってから同じく10年が経過したこともあり、この機会に、当時、細野晴臣、畠山美由紀らと参加した「ハリケーン・カトリーナ」救済ソング2曲をボーナス・トラックとして初収録することとなりました。

アルバム・タイトルにある『ブランニュー~』は敬愛する世界の楽曲に新しい試みを取り入れた解釈により、アン・サリー・ファンだけでなく、ジャズ・ファンやシリアスな音楽リスナー達に広く受け入れられました。

長らく廃盤になっていた本作品に新しい息吹が与えられたました。そのサウンドに身を委ねてみてください。




CD (SONG X 030) 
Ann Sally 『Brand-New Orleans 10th Anniversary Edition』 

フォーマット : Audio CD 
品番 : SONG X 030 
発売日 : 2015年11月11日(水) 
価格 : 2,500円 + 税 
収録楽曲数 : 16曲 
収録曲 : 
01. Basin Street Blues 
02. Honeysuckle Rose 
03. Since I Fell For You 
04. アフリカの月 
05. When You're Smiling 
06. Lazy River 
07. Sweet Georgia Brown 
08. Until It's Time For You To Go 
09. I Know 
10. Way Down Yonder In New Orleans 
11. 胸の振子 
12. Bogalusa Strut 
13. What A Wonderful World 
Bonus Tracks 
14. Do You Know What It Means to Miss New Orleans? 
15. Bound For Glory - Just a Closer Walk with Thee 
16. Bound For Glory - Do You Know What It Means to Miss New Orleans? 

 ご購入はこちらをクリック→    

 商品詳細ページはこちらから→ SONG X 030




アナログLP (SONG X 030 LP) 

Ann Sally 『Brand-New Orleans 10th Anniversary Edition』 LP 

フォーマット : アナログLP + Hi-Res (96khz/24bit WAV) 
品番 : SONG X 030 LP ※ 初回生産限定 
発売日 : 2015年12月9日(水) 
価格 : 5,000円 + 税 
収録楽曲数 : 12曲 (ダウンロード・コードにより全16曲) 
LP 収録曲 : 
 SIDE-A 
01. Basin Street Blues 
02. Honeysuckle Rose 
03. Since I Fell For You 
04. アフリカの月 
05. When You're Smiling 
06. Lazy River 

 SIDE-B 
01. Sweet Georgia Brown 
02. Until It's Time For You To Go 
03. I Know 
04. Way Down Yonder In New Orleans 
05. 胸の振子 
06. What A Wonderful World 

※ 美音を生かすべく、収録時間に制限をかけオリジナルCDに収録されている楽曲の一部は今回のLPには収録されません。 
※ ハイレゾ音源 (96khz/24bit WAV)にはCDに収録されていると同等の収録楽曲16曲をダウンロード可能です。 

ご購入はこちらをクリック→    

商品詳細ページはこちらから→ SONG X 030 LP



Produced & Arranged by Ann Sally 

Ann Sally: vocal 
Fredrick Sanders: piano, Hammond organ 
Richard Moten: bass 
Gerald French: drums 
Eric Traub: tenor sax 
Mark Braud: trumpet 

Re-Mastered by Seigen Ono at SAIDERA MASTERING (Saidera Paradiso Ltd.) 

Originally Recorded by Mark Bingham at Piety Street Recording 
Tr. 02, 09, 14 were Recorded by Tim Stambaugh at Word of Mouth Studio Originally Mixed by Mark Bingham 
Originally Mastered by John Fischbach in New Orleans, Louisiana U.S.A 2004 

Tr. 15, 16 were Recorded at Heart Beat Recording Studio by Tadashi Nakamura 

Reissue planed by Makoto Miyanogawa (SONG X JAZZ Inc,.) 

Reissue supervised by Haruhiko Iida (Ann Sally Productions) 



3 年間に渡り生活した「ニューオリンズ」、音楽が染み渡る街で現地の仲間達と制作された名 作が、10 年の時を経て 10th Anniversary Edition として蘇ります。未発表音源を含む音源 をアナログマスターからリマスタリングし再登場! 

出来上がったこのアルバムを聴いていると、ニューオリンズでの3年間の日々の感触が自然と思い出される。生まれて初めての海外生活、たった独りでスーツケース一つだけ持って、誰も知る人のいないニューオリンズ空港に降り立った時のこと。夜のむんとした湿気に迎えられ、車の窓から初めて見た暗い町並み。「ここにはどんな人たちが暮らし、どんな音楽が流れ、どんな出会いが待ち構えているのだろうか」、その時の私には想像もできなかったものだ。そして10年後の今、こうして音楽という形で目の前に形作られたものが手の中にある。音と音の間にはこの3年間の日々の生活の中で見たもの、触れたもの、感じたもの、聴いたもの、震えたもの、その些細な一つ一つがぎゅっと濃縮され閉じ込められているみたいだ。私という微力な一人の人間が、音楽って人間って面白いなあという気持ちに駆り立てられて、一歩一歩いろんな音楽に触れ、人と出会うことで、気が付くと他人行儀だったこの街にも親しみやすい居場所が出来つつあった。そして、ニューオリンズで生まれ育った彼らの奏でる音一つ一つには、長い歴史の重みがずっしりと刻み込まれていることを少しは感じ取れるようになった。とは言え3年間というのは、彼らの文化そのものを深く理解するには短すぎる時間だったと思う。しかしこの生活の中で少しずつ心の中に芽生え気づいたこと、それは「音楽とは、いかに生きるかということである」ということだったのではないだろうか。このことを今後世界のどこで暮らし、何をしていようとも、忘れることはないだろうし、忘れられないだろうと思う。 

 Ann Sally



img

[Release Information]

> November 5, 2015

New Release !『RIO/I around』(SONG X 031)発売のお知らせ。

その艶やかな4弦から、すでに数多くの伝説を生み出しているウクレレ・プロディジーこと「RIO」が、ついにアルバム・デビュー。豊かな彩りと無限の表現力で、ジャンルや国境をも飛び越え、多くの人と音楽を分かち合う。好奇心と希望に満ちた14歳。その瑞々しい感性がきらめく、注目の第一章。


ここ数年登場が噂されていた、掟破りの大型新人アーティスト「RIO」(2001年生まれ)のファースト・アルバム『I around』(SONG X 031)。まずは一度、そのサウンドを聴いていただきたい。おそらくブラインドでお聴きになった貴方は、それがウクレレの音であることに気がつかないだろう。ときにアグレッシヴに、ときに美しく綴る14歳の音風景とはどんなものか。4弦に託された好奇心と希望が交錯する瞬間に立ち会うことができる。








収録曲 : 
01. El Cumbanchero (Rafael Hernández) 4:33
02. Around (RIO) 6:26
03. Bluesette  (Toots Thielemans) 4:01
04. Co-Co-Me-Ro (Miki Saito) 7:40
05. Malagueña  (Ernesto Lecuona) 4:42
06. Episode (Jyoji Sawada) 3:56
07. Lover (Richard Rodgers) 4:16
08. Desafinado (Antonio Carlos Jobim) 4:50
09. Mother (Miki Saito)  2:57
10. Hone A Ka Wai (Ernest Ka'ai) 2:57

参加アーティスト * 
RIO: ukulele
Jyoji Sawada: contrabass
Aska Kaneko: violin
Yoichi Okabe: percussions

Sound Producer: Jyoji Sawada, Aska Kaneko,Miki Saito
Recording and Mix Engineer : Takehiko Kamada (foxyroom)
Mastered by Seigen Ono at SAIDERA MASTERING (Saidera Paradiso Ltd.)

ヴァリエーション豊かに選ばれたカヴァー曲とオリジナル楽曲をサウンド・プロデュースしたのは、ショーロクラブを活動の軸としながらも、コントラバスに限らずあらゆる楽器を演奏し、作・編曲など多岐にわたる音楽制作に携わっている鬼才「沢田 穣治」。その細くも力強く緩やかな"弓" であらゆる音楽シーンを牽引してきた気鋭のヴァイオリニスト「金子 飛鳥」が努め、RIOの奔放な波動に応えた。加えてパーカッションには巨匠「岡部 洋一」を迎え、そのボトムの安心感を揺るぎないものとしている。

制作陣には弊社作品ではおなじみの録音/ミックス・エンジニアである鎌田岳彦氏(foxyroom)、マスタリング・エンジニアには全世界で精力的に活動するオノ・セイゲン氏(サイデラ・マスタリング)を起用。当代きっての辣腕を迎え制作されたデビュー・アルバム『I around』(SONG X 031)を是非、お聴きください。

※ CD店での一般発売日(2015年12月9日(水)に先行して、AmazonとSONG X SHOPでの販売を開始しています。


作品詳細ページはこちら → SONG X 031 



RIO's Profile : 

この数年間に、14 歳のウクレレ奏者 RIO はアジアやニューヨーク、ハワイのウクレレフェスで演奏。特にホノルルのハード・ロック・カフェでのコンサートはお馴染みである。これまでにハワイのデュークス・ウクレレ・コンテストや、インターナショナル・ウクレレ・コンテストでも1位を獲得。また自らのスタイルの追求によって、ダイナーズクラブ・ソーシャル・ジャズ・セッション 2013-2014 で優秀賞を獲得。リーリトナー氏、ブルーノート東京より賞賛される。TEDxTokyo 2014、TEDxYouth@Tokyo や 2014 TEDxTeachers Conference にも招かれ、もはや TEDx のお馴染みともなり、聴衆を魅了している。2013 年、1st ミニ・アルバム「Lover」をリリースし、2014 年には、錚々たるウクレレプレーヤーから作られるハワイ発コンピレーション・アルバム「Island Style Ukulele Vol.2」(Na Hoku Hanohano Awards 2015 受賞)、クリスマス・アルバム 「An Ukulele Christmas 2」にも参加している。そして、ニューヨークのアポロ・シアターで開催されたアマチュア・ナイトでパフォーマンスを披露し、1 位を獲得した。2015 年 オリジナル曲を含む、初めてのフルアルバムをリリース。4 弦から生み出される RIO 独特の無限の表現力で、ジャンルを超え、国境も飛び越え、多くの人と音楽の楽しさを分かち合いたい。そんな好奇心と希望に満ちたウクレレプレーヤーである。

photo_C0A6782.jpg

 In just a few short years, 14-year-old ukulele prodigy, RIO, has shown great promise with his musical skills and abilities. Having performed at music festivals throughout Asia, RIO has also performed in notable U.S.A. venues as far away as New York City and Honolulu; capturing 1st place at Amateur Night at Apollo Theater in New York City and making periodic on-stage performances at the Hard Rock Café - Honolulu. RIO has also garnered first place accolades at Duke's Ukulele Contest and at the Royal Hawaiian Annual International Ukulele Contest. RIO's other interest with ukulele is in the development of his own style of music and playing. This interest has subsequently led him towards receiving an Award of Excellence at the Diner's Club Social Jazz Session 2013-14. Additionally, thanks to opportunities for the performances at TEDxYouth@Tokyo 2013, TEDxTokyo Teachers Conference 2014, and TEDxTokyo 2014, RIO is no longer a stranger to TEDx conferences. Among his other accomplishments, RIO has also released his first mini album entitled "Lover" and performed in ukulele collaboration CDs, "Island Style Ukulele Vol. 2" which won a Na Hoku Hanohano Awards 2015 and "An Ukulele Christmas 2;" both released in 2014. RIO will be releasing his first full album in 2015, filled with RIO Music along with original songs.

Official Web-site : http://gloriomusic.com




img

[RELEASE INFORMATION]

> May 22, 2015

14th TOKYO JAZZ FESTIVAL 出演アーティスト、サックス奏者"エリ・デジブリ Eli Degibri"の新作「Cliff Hangin'」(SONG X 032)を7月22日に発売!

ソングエクス・ジャズはこのほど、2015年9月4日~6日に東京国際フォーラムで開催される14th TOKYO JAZZ FESTIVAL(第14回東京ジャズ・フェスティバル) 出演アーティストに決定したイスラエル出身のサックス奏者"エリ・デジブリ"(Eli Degibri)の最新アルバムを7月22日(水)に発売します。力強くも艶やかなトーンが目一杯詰まった力作を引っ提げ、自身のカルテットでどのようなパフォーマンスを披露してくれるか目が離せません。


作品詳細ページで順次作品情報をアップしていきます。 → SONG X 032 



Eli Degibri (エリ・デジブリ)

 1978年イスラエル生まれ。ブルガリア人とペルシャ人の血を引くサックス奏者エリ・デジブリは、十代の頃からプロのジャズ・ミュージシャンとして活躍し大器の片鱗を見せていた。1997年、アヴィシャイ・コーエン(tp)と同じタイミングでボストンのバークリー音楽院に留学。1999年にはハービー・ハンコック「Sextet」のメンバーに抜擢され、アルバム『Gershwin's World』のレコーディングおよび世界ツアーに同行した。その後はアル・フォスター、ミンガス・ビックバンド、エリック・リード、ロン・カーター・カルテットなどに参加し、2003年にはFresh Soundから『In The Beginning』でリーダー・デビュー。カート・ローゼンウィンケル(g)、アーロン・ゴールドバーグ(p)といったニューヨーク・ジャズ・シーンの名士たちがその門出をがっちりとバックアップしている。2010年発表の『Israeli Song』にはロン・カーター(b)、アル・フォスター(ds)、ブラッド・メルドー(b)と錚々たる面子が参加し話題となった。翌2011年より『Red Sea Jazz Festival』の芸術監督に選任され、名実ともにイスラエルの代表的なジャズ・アーティストとして活躍している。最新作『Cliff Hangin' 』は2015年7月にソングエクス・ジャズよりリリース予定。




img

[RELEASE INFORMATION]

> April 9, 2015

(SONG X 029)Picture Book + Music "Flight" Kan Fukuda + Keiji Matsui 発売のお知らせ。

森を抜け、海をこえ、街から街へと旅をする鳥たちのためのサウンドトラック。絵描きと音楽家の響きあう心から生まれた、あたたかい光に満ちた世界。

これまでにソングエクス・ジャズのオリジナル企画音源として『national anthem of unknown country - rabbitoo』(SONG X 019)、『武満徹ソングブック - ショーロクラブ with ヴォーカリスタス』(SONG X 006)、『Vinicius canta Antonio Carlos Jobim- Vinicius Cantuaria』(SONG X 028)など数々のレコーディング・セッションを行ってきたスタジオ「echo and cloud studio」。開放感あふれるドーム型の天井を持つ、知る人ぞ知るプライベートスタジオ。これらの作品は大きなアーチ状の窓からはその時々の空の色や雲の動き、光の加減などがきれいに見える、同スタジオのオーナー/エンジニアの松井敬治とリラックスした雰囲気のなか作りあげた作品とも言えます。

本作『Flight』(SONG X 029)はベーシスト、作曲家、プロデューサーとしても多方面で活躍する音楽家としての松井 敬治が、美術作品に魅せられたことがきっかけで親交がはじまった絵描きの福田 寛と作りあげた共同作品です。絵を描く福田と対峙するように、作曲から全ての楽器演奏、歌、録音、全行程を一人で行い。曲が出来る度、絵が描き上がる度に、互いの作品に触発され、ゆっくりゆっ くりと織物を織るように制作は進められました。タイトルになった『flight』というモチーフから自由に生まれた風景と音楽をお楽しみください。

尚、全商品にAudio CDに加えてダウンロードコード(24bit 96kHz WAV / Mp3)を封入し、また初回特典限定特典として先着250名さまに福田 寛による直筆絵画が付きます。






製品情報 

アーティスト : Kan Fukuda + Keiji Matsui 
タイトル : Flight 品番 : SONG X 029 
フォーマット : Book (16page ) + Audio CD + 24bit 96kHz WAV ダウンロードコード封入 
初回限定特典 : 福田 寛 ( kan fukuda )による直筆絵画つき (先着250) 
価格 : 3,000円 + 税 
発売日 : 2015年4月29日(水)
先行発売予約(Pre-Order) 
ご購入ダイレクト・ボタン→



『Flight』Interview to Keiji Matsui + Kan Fukuda 

 ベーシスト、作曲家、プロデューサーなど多方面で活躍する音楽家の松井敬治。彼がみずからエンジニアを務める「echo and cloud studio」は、武蔵野の住宅街にある。井の頭公園からもほど近い閑静な一角。豊かな木々に囲まれた建物はもともと設計事務所だったそうで、いまから10年ほど前、松井が友人たちの力を借りつつほぼ手造りで改装した。開放感あふれるドーム型の天井を持ち(高さは7メートル!)、大きなアーチ状の窓からはその時々の空の色や雲の動き、光の加減などがきれいに見える。訪れた演奏者たちが、まるで親しい友人宅の居間にいるようにくつろいだ気分になれる、知る人ぞ知るプライベートスタジオだ。

 気密性の高い都会のレコーディングスタジオとは真逆ともいえる、風通しのいい空間。親密な雰囲気とアコースティックな響きに魅了されたミュージシャンは国内外に少なくない。例えばカエターノ・ヴェローゾの"盟友"として知られるヴァニシウス・カントゥアリアもそのひとり。ツアーで日本を訪れた際に温かい音色に惚れ込んだこの異能のシンガー・ソングライターは、アントニオ・カルロス・ジョビンに捧げる最新作『Vinicius canta Antonio Carlos Jobim』のベーシックトラックを「echo and cloud studio」で録音した。また2011年にJR九州新幹線開通のキャンペーンソング「Boom!」がYouTubeで大ブレイクしたスウェーデンの女性シンガー・ソングライター、Maia Hirasawa(マイア・ヒラサワ)も、この場所の大ファン。同曲を収録した日本デビューアルバムも日本パートのレコーディングは松井が手がけている。いまも来日時にはふらりと遊びにきて、弾き語りを吹き込んでいったりするそうだ。住宅をDIYで作りかえた場所だから、もちろん爆音は鳴らせない。むしろ小さな音を繊細に聴き分け、ある場所固有のアンビエンスにこだわる音楽家たちの"隠れ家"として、記憶に残る演奏を生みだしてきた。

 本作『Flight』はそんな愛すべきプライベート・スタジオを用いて、松井敬治自身がひとり5年ごしで制作したアルバム。天窓から射しこむ柔らかい光と、居心地いい空気をそのまま真空パックしたような、愛すべき作品集だ。世の中には、家の気配と分かちがたく結びついた名盤というものが存在するが(例えばザ・バンドの『Music From Big Pink』や、ザ・ローリング・ストーンズの『Exile on Main St.』などを想起してほしい)、穏やかなインストゥルメンタルが主体の本作もまた、その系譜に連なる1枚と言えるだろう。収録された13のトラックはそれぞれ違うリズムや構造を持ちつつ、どこか共通の手触りを感じさせる。やさしく人の温もりがあって、リスナーを励ましてくれる明るいトーン...。さまざまな楽器の音色とスタジオ固有の残響とが溶けあって、聴くほどに「この場所でしか生まれえない世界」が見えてくる。けっして声高ではないけれど、聴き手のなかに心地よい映像を喚起してくれる音楽。『Flight』というアルバムが稀有な魅力をたたえている秘密は、そこにこそあると筆者は思う。

 そして今回、そのインスピレーションを根底で支えているのが、共作者・福田寛のすばらしいアートワークだ。ふたりの出会いは2003年のこと。あるバンドをプロデュースするにあたってCDジャケット用のイラストを探していた松井が、行きつけのカフェの併設ギャラリーでたまたま福田の展示を見かけたのがきっかけだった。松井いわく「ポップさとアバンギャルドさが絶妙に共存し、可愛いのになぜか毒気もある」画風に惹かれ、その日のうちに意気投合。以来、親交を深めながら「一緒になにかやりたいね」と話し合ってきたという。『Flight』のプロジェクトが動き始めたのは2010年。そこに込めた想いを、松井は次のように振り返る。

songx029article2.jpg

「豪華なリーフレットが付いたCDというのは、よくありますよね。でも僕らが創りたかったのはそういうものとは違う。音楽と絵が完全に等価なものとして響き合い、どちらか一方が欠けても成立しないような世界です。もともと彼の絵には、同じ表現者として嫉妬を覚えるくらいに強く惹かれていましたし。付き合いが深まるにつれて、尊敬の気持ちも強くなっていった。ちょうどその頃、福田くんが絵本を描き始めたこともあって...。共作という形でふたつを融合できれば、特別なものが作れる気がした。それで声をかけたんです」(松井)

 楽曲を説明するイラストレーションでもなければ、絵の内容にぴったり沿ったBGMでもない。音楽家と絵描きがそれぞれ自由に想像力を羽ばたかせ、互いにインスピレーションを与えながら豊かになっていく世界──。やがてふたりの間で、「Flight=空を飛ぶこと」というモチーフが自然に浮かんできた。福田によれば、当初のやりとりはこんな感じだったそうだ。

「たまたま見つけた海外の古い雑誌に、『飛行』にまつわるイメージをランダムに集めたものがあって......それがとってもチャーミングだったんです。言葉そのものにも広がりが感じられて、それこそ想像力次第でどこまでも飛んでいける。明るくてポジティブな語感もいいよね、というような話もしたと思います。それでまず僕が、ラフスケッチを描いて松井さんに渡したのかな。小さな鳥たちが森の中を抜け、街の上空を飛んだりしているごく簡単なスケッチ。そこから少しずつ、時間をかけてキャッチボールが始まりました」(福田)

 柔らかなタッチの水彩画には、文字も文章も入っていない。だが、旅する鳥たちの絵をひとつひとつ眺めていると(まるで美しい風景に触発されたように)いろんな物語が浮かんでくるから不思議だ。空を飛ぶ喜びと、新しい世界への希望。ふとした瞬間に感じる不安や孤独、ちょっとした哀しみ。めぐりゆく季節と別れ、そして次なる出会い。一見、牧歌的な色彩の後ろ側には、驚くほど生っぽいエモーションが見えかくれしたりもする。

「僕はもともと彫刻など立体造形を手がけていて、絵を描き始めたのは人よりかなり遅かったんですね。絵本に取り組むようになったのはさらに最近で、いまも悩みつつ続けています。大きなキャンバスで自由に手を動かせる絵画と、ある程度決まった寸法に収めなければいけない絵本とでは、アプローチがまるで異なる。全体で大きな流れを作りつつ、自分でもコントロールしきれない余白的な部分をいかに残せるか──。自分にとってそこは現在進行形の課題だと思います。ただし、言葉に頼らず何かポジティブなものを伝えたいという気持ちだけは昔から変わらない。手法として毒っけを用いることはあっても、表現というのは究極的には明るい方を向いてなきゃいけないと僕は思うんですね。『Flight』を共作して一番嬉しかったのは、松井さんがそういう想いをちゃんと掬いとり音楽で表現してくれたこと。上がってきた曲の完成度に驚き、ときには打ちのめされ、何度もスケッチし直したのを覚えています」(福田)

 もちろん苦労したのは画家だけではない。音楽家は音楽家で、絵本に喚起された記憶や感情をひとつひとつ丁寧に音に置き換えなければいけなかった。その行程は機織りにも似て「とてつもなく細かく手間がかかった、もう二度とできないかもしれない」と松井は笑う。

「曲想はわりあいすんなり出てきたのですが、いざディテールを作り始めるとひとつのテイクを作ってはやり直し、作ってはやり直しの繰り返しで......とにかく時間がかかってしまいました。2011年3月11日の震災を挟んで、おそらく多くの人がそうだったように、自分がすべきことを見つめ直した期間も長かった。ただ、あの大きな出来事を経験し、すさまじい言葉の応酬なども目の当たりにした後で、結果的には『たとえ小さくても聴く人が安らげる、灯りのような音楽にしよう』と思えた気がします。もし聴いた人がこのアルバムに柔らかい光を感じてくれるのだとしたら、そういった心情の変化も影響してるんじゃないかな」(松井)

 ギター、ベース、ドラムス。ピアノとオルガン。コントラバスとチェロ。さらにはフルート、コルネット、コーラスワークまで。本作に収められた全パートは「echo and cloud studio」で松井自身が生演奏した。もちろん録音やミキシングもすべて自分で担当。人の手を一切借りず、慣れない楽器にもあえて挑んだのは「福田くんと孤独を分かち合いたかったから」。

「絵を描く人は基本、作業中はずっと自分と向き合わなきゃいけないわけですよね。今回は僕もそれにならって、ひとりでどこまでやれるか試してみたかった。しかもサンプリングは使わず、このスタジオ特有の響きを生かして、すべてのパートをアコースティックで録音するというのが音楽的なコンセプトでした。この機会に欲しかったチェロを買って、運指の練習から始めたり。中学校のブラスバンド以来、数十年ぶりにコルネットを吹いてみたり(笑)。パートによってはなかなか納得いくパートが録れず、100テイク以上重ねたこともありました」(松井)

 まずはギターやピアノで曲の軸となる旋律を奏でて、そこに膨大なパートを塗り重ねていく。かつてはOWL、the primroseなどオルタナ色の強いバンドを率い、内省的でエモーショナルなサウンドを得意とする松井にとって、これはまったく新しい経験だった。

「過去の自分と果てしなくセッションを重ねている感覚というか......少しずつ色彩を加えながら目指すべき絵本のイメージへと近付けていく、いわば絵画的アプローチだったかもしれません。自分の中にあるネガティブな音像を一度すっかり取り払い、聴いてくれた人がホッとするような明るい色で曲を描いていくのは新鮮な作業でした。しかも今回、自分ひとりでミュージシャンとエンジニアを両方こなさなければいけなかったので。それぞれのこだわりや思い入れが、自分のなかで分裂してしまうケースも少なくありませんでした。まさに行ったり来たりの繰り返しで、セルフプロデュースの難しさを痛感しました」(松井)

 だからこそ、と言ってもいいだろう。自分の内面としっかり向き合い、膨大な試行錯誤の末に紡ぎだされた『Flight』の収録曲はどれも、シンプルでありながら繊細な美しさを湛えている。例えば「Aメロ、Bメロ、サビ」という分かりやすい定型ではなく、まるでたゆたう波のように、いくつもの旋律が響きあって進んでいく構造。そのオーガニックな印象は、まさに福田が描いた絵の質感をそのまま表現しているようだ。

「制作中に迷ったときは、いつも絵本を眺めるようにしていました。そこに描かれた鳥たちは、森を抜け、山をこえ、ときには海をわたって街から街へと飛んでいく。そして多くの『Hello』と『Good-bye』を重ねながら旅を続けていきます。その姿は、もしかしたら僕やあなたの人生に似ているかもしれません。このアルバムはある絵描きと音楽が心を響きあわせ、そんな鳥たちがいる風景のためのサウンドトラックとして作ったものです。決まったストーリーはありません。手に取ってくれた人が想像力を働かせ、ページとページの間を自由に埋めてそれぞれの旅を体験してくれれば、送り手としてこんなに嬉しいことはありません」(松井)

Interview & text by 大谷 隆之 Takayuki Otani 



Artist Profile 

Kan Fukuda  福田 寛 絵 

2000年より絵画制作をはじめ、雑誌、CD等のイラストの仕事を経て、近年絵本制作をはじめる。
2013年 第19回おひさま大賞(小学館)最優秀賞) 第7回武井武雄記念日本童画大賞 入選
2014年 第30回日産童話と絵本グランプリ 佳作(絵本部門) 6回日本新薬こども文学賞 最優秀賞(絵本部門) 第16回山田養蜂場ミツバチの童話と絵本コンクール 優秀賞(絵本部門)



Keiji Matsui  松井 敬治

1991年フォーライフレコードよりOwlのベーシスト、コンポーザーとしてデビュー。アルバム4枚を発表後、93年ロンドンにて、イギリス人、アイルランド人とともAlexander Wonderkingのベーシストとして活動。95年、日本をベースにthe primroseを 結成。Gods pop recordより5つのアルバムを発表。2001年「abyssal」はシューゲイズ、ポストロックバンドからのリスペクトは少なくない。プロデュースワーク、CM、映画、メディアアートなどでも音楽を担当。2011年以降、ポップフィールドでは、スウェーデンのアーティスト、マイアヒラサワのベーシスト、エンジニアとしても貢献。昨今は、Vinicius Cantuariaに起用されるなど、echo and cloud studioでのレコーディングエンジニアとしても活躍中。



img

[Release Information]

> March 30, 2015

(SONG X 028)ヴィニシウス・カントゥアリア『Vinicius canta Antonio Carlos Jobim』先行予約(Pre-Order)販売開始のお知らせ。

ヴィニシウス・カントゥアリアによる『アントニオ・カルロス・ジョビン曲集』が遂に完成!
全世界に先駆けて、ソングエクス・ジャズでは先行予約販売 Pre-Order(4月29日の先行発売日にお届け)を本日(3月30日)より開始いたします! 

独特のヴォイシングとタイミングを駆使し、静寂の空間に音の余韻を響かせる"ジョビン解体新書"。原曲と作者への敬意に裏付けられたパフォーマンスは、独創的であると同時にジョビンの音楽の本質を射抜く。

弊社ソングエクス・ジャズのオリジナル企画として一昨年11月に(2013年)東京でベーシック・トラックを録音し、その後はニューヨーク→リオ・デ・ジャネイロに移して制作を進めてきました。世界中からゲスト・アーティストしてビル・フリーゼル、メロディー・ガルドー、セルソ・フォンセカ、沢田穣治、坂本龍一、ジョイスなどが参加!ヴィニシウスの繊細な指先と官能的な声で、至高のメロディが描き出されます。



Unknown.jpeg アルバム 全曲ダイジェスト 

 


soundcloud-logo.png  期間限定 SOUNDCLOUD 試聴用リンク




商品情報

アーティスト : ヴィニシウス・カントゥアリア/タイトル : Vinicius canta Antonio Carlos Jobim
品番 : SONG X 028/価格 : 2,500円 + 税/先行発売日 : 2015年4月29日(水)

ご購入ダイレクト・ボタン→  



作品詳細ページリンク → SONG X 028 



『Vinicius canta Antonio Carlos Jobim』text by Shinya Matsuyama

 ニューヨークのブルックリンを拠点に活動するブラジル人シンガー・ソングライター、ヴィニシウス・カントゥアリアがリオからNYに移住したのは1994年のことだった。それは、彼が昔からとりわけ敬愛してきた母国の音楽家アントニオ・カルロス・ジョビンが亡くなった年でもある。そして、そのジョビンの20周忌に合わせてリリースするつもりで2013年から録音が開始されたのが、ここにあるニュー・アルバム『Vinicius canta Antonio Carlos Jobim』である。タイトルどおり、ジョビンの作品だけをカヴァしたコンセプト・アルバムだ。しかし当然ながらヴィニシスウの歌は、これまで星の数ほど世に出てきたジョビンの諸々のカヴァ作品とは趣が異なる。ここにあるのは、潮風と共に宙を漂うボサノヴァではない。ヴィニシウスの横顔の輪郭を浮かび上がらせるのは、水面を舞う陽光ではなく、都会のアパートのカーテンの隙間から差し込んでくる一条の白い光である。そして、密林のむせかえるような湿気と精霊を宿したかのような、ほの暗く甘美な歌声...。2012年に出た前作のタイトル『アパート暮らしのインヂオ(Indio De Apartamento)』は、ヴィニシウスの立ち位置と哲学を的確に表現していた。彼は、アルバム・タイトルについて、こう語る。(以下、本人の言葉は2013年来日時におこなった僕のインタヴューから)

songx028article2.jpg

 「私はアマゾナス州で生まれた。それはつまり、インディオだということを意味する。私はアマゾンの緑のジャングルを出て、今はNYのコンクリートのジャングルで暮らしている。NYのアパートには、自分の弓と矢がある。つまり、ギターと歌が。そして、自分のスタジオもあるし、パソコンも使う。そういった都会のコンクリート・ジャングルの中で、ナマモノとテクノロジーを調和させた音楽を作っているのが私だ。そういう思いで、あのタイトルをつけたんだ」

 ヴィニシウスはアマゾナス州のマナウスで1951年に生まれ、7歳以降はリオで育ったのだが、"アマゾナス州生まれのインディオ"としてのアイデンティティは、昔から現在まで一貫して彼の音楽表現のよりどころとなってきた。

 「アマゾナスは、ブラジルの他の地域とは全然違う。森で覆われ、それが壁になっている。それは物理的意味だけではなく、精神的、イデオロギー的な壁でもあるんだ」
 
彼は、自分の音楽の土台には、アマゾンの音楽、ノルデスチの音楽、リオの音楽があると語るが、中でもアマゾンの音楽/音に対する意識は強烈であり、幼少時の生活環境から受けた影響の大きさについて何度も繰り返す。

 「マナウス時代はラジオで音楽を聴いていた。当時マナウスには一つしかラジオ局がなく、クラシックからポップスまで区別なくごった煮状態で一日中音楽が流されていた。50年代末期だから、ジョビンなどの音楽も少しずつ流れるようになっていた。あと、ストリートで庶民がやっている音楽も耳に入ってきていた。暑いから日陰に椅子を出し、誰となくギターを弾き、歌っていた。だいたいはラジオでかかる音楽のコピーを皆やっていたけど、特に先生がいるわけじゃなく、自己流なので、自分が聞こえたように勝手にやっているのが多かった。それは、マナウスという"場"からの影響が大きな音楽だ。先住民(インディオ)が多い地域なので、そういうリズムなども無意識のうちに入っている音楽なんだ。アマゾンには黒人がほとんどいない。つまり、アフリカが希薄だ。だから、サンバ的なリズムはほとんどない。代わりにインディオの音楽のリズムがあるんだ」

songx028article3.jpg

ー記憶の最も奥底に残っている音の情景も、ジャングルと深く関わっている。 

「マナウスは今は大都市だけど、私が幼い頃はまだジャングルと一体化した町だったし、アマゾンの膨大な水と森に囲まれていた。自宅前の通りを下ってゆくと、行き止まりは川で、その先には未知の世界、ジャングルが広がっていた。日常的に川をカヌーで行き来する人々がいて、彼らがたてる音や、さわがしい会話、果物売りの声...そういったものが混然一体となった世界が、私にとってのアマゾンの情景なんだ。ジャングルの方からは、インディオやカボクロ[土着化した白人や、インディオと白人の混血] の人たちの音楽も聞こえてくる。インディオの音楽はハーモニーがない。同じメロディを一緒にユニゾンで歌う...」

ーそういったアマゾン的感覚こそが、冒頭で述べた『Vinicius canta Antonio Carlos Jobim』を覆う甘美なほの暗さ、陰影の深さの正体なのだろう。たとえばエグベルト・ジスモチンチも、若い頃の一時期アマゾンで暮らし、インディオ文化のエッセンスを自分の表現の中にとりこんでいったわけだが、ヴィニシウスのアマゾン性はそういった後天性の感覚、いわば学習して得たものとは異なる。いわば、文化的遺伝子なのだ。

 「ジャングル的、アマゾン的な感覚は、今回の『Vinicius canta Antonio Carlos Jobim』や前作『アパート暮らしのインヂオ』に限ったことではなく、私の作品、歌や演奏のすべてに入っている。長いつきあいのカエターノ・ウェローゾをはじめ、この新作のようにビル・フリゼルや坂本龍一とやっても、いつだって私の演奏の中にはアマゾン的要素が入っている。どんなにカリカオぽいジョビン作品であっても、私がやると、どうしてもアマゾン的ニュアンスが出てしまうんだ。更に言えば、現代のインディオたちは、アマゾンのジャングルに住んでいても携帯電話やパソコンを持っている。そういう点でもまた、私の音楽はアマゾン的なんだ」

ーそんなヴィニシウスによるジョビン作品のカヴァ・アルバム『Vinicius canta Antonio Carlos Jobim』。録音は2013年秋から、なんと東京でスタートした。坂本龍一や沢田穣治など日本人音楽家も交えながら。なぜ、日本だったのか。 

「今回のアルバムに関しては、日本で録音するということに大きな意味があると思ったんだ。ブラジル音楽に関して、日本人はひときわ強い関心を持ってくれているし、そのブラジル音楽のひとつの象徴であるジョビンのカヴァ集を日本で制作するというのは、とても理屈にかなったものだと思っている」

songx028article.jpg

ーそして、今改めてジョビンを歌うことについて。

 「2014年が彼の20周忌ということも、関係なくはないが...そんなことよりも、やはりジョビンという人間に対するシンパシーということだね。なにしろ、ジョビン自身もジャングルの人だしね。生まれはリオだけど、彼は鳥が大好きであり、森に入って鳥の観察をしたり、鳥の鳴き声の真似をしたりしていた。自宅も、リオのはずれの森にあった。環境問題などには誰も関心がなかった時代から、彼は、水をきれいにしようとか、環境に関してさんざん発言していたし、エココンシャスな歌も作った。そういう点で、彼の感覚はインディオたちに近い。というか、インディオそのものだ。私は、音楽の美しさに加え、そういった点で強烈な親近感をずっと抱いてきたんだ」

ーもちろん、個人的なつきあいも浅くなかった。

「幸いなことに、彼は僕のことをとても気に入ってくれていて、あれこれと面倒を見てくれた。94年のNY移住は、アート・リンゼイの誘いが直接のきっかけだったんだが、実はジョビンも、音楽家として成長できるから行った方がいいと後押ししてくれたんだ。おかげで、様々な音楽的実験が繰り広げられている渦中で多くの人たちと出会い、今もとどまることなく、私はますます"ブラジル人"になりつつある。この20年で、ブラジル音楽に新しいアイデアを投入し、それまでとは違う回路を作り上げることはできたんじゃないかなと思っている。ブラジルの建築家オスカー・ニーマイアーがそれまでの常識からは外れた建物を作ったようにね」

 アマゾネンセ(アマゾナス人)としての血を強烈に自覚しながら、NYのビルの谷間で独自のスキルとセンスを磨いてきたブラジル人音楽家によるジョビン作品集。『Vinicius canta Antonio Carlos Jobim』とは、つまりそういうアルバムなのである。

 「ブラジルの音楽家たちは、これからもずっとジョビンの作品を演奏し続けるべきだと思う。ジョビンは鳥のように飛べる自由な精神を生涯持ち続けた。その精神を忘れないためにも、僕らは常にジョビンの作品を演奏し続ける必要がある」

            松山晋也/Shinya MATSUYAMA

img

[Artist Information]

> February 2, 2015

(SONG X 026)おおはた雄一 ニュー・アルバム『夜の歌が聴こえる』 発売、先行予約開始のお知らせ。

ソングエクス・ジャズはこのたび、アーティスト「おおはた雄一」との契約をいたしました。シンガー・ソングライター、そしてギタリストとしても活躍するおおはた雄一の音源作品、また公演企画などの詳細について当社の続報にご期待ください。


まず最初にご案内するのは、2年半ぶりとなるニュー・アルバム『夜の歌が聴こえる』(SONG X 026)の発売及び、先行予約開始のお知らせです。 おおはた雄一、2年半ぶり7枚目となるオリジナルアルバム『夜の歌が聴こえる』(SONGX 026)のリリースが決定しました。原点に立ち戻り、声とギターだけで制作されたシンプル極まりない本作には、ここ数年のライブでも人気の高い「未来の月」「小さなアンセム」などの最新曲を初収録のほか、湯川潮音氏に提供した楽曲「にじみ」のセルフカバー、そして代表曲「おだやかな暮らし」も10年ぶりに再録音。演奏はほぼ全編にわたり、トレードマークともいえるギター "Gibson LG-O" での弾き語りになりますが、うち3曲に吉野友加(ハープ)と影山敏彦(ギター)のデュオユニット「tico moon」の二人が参加し、そっと背中を押すようにサウンドを彩ってくれました。 

おおはた雄一の音楽は「弾き語り」がすべてと言われることもありますが、シンガー・ソングライターたる詩の世界と、かろやかでやわらかなギターの音色、2つが掛け合いまじわるその魅力が最も凝縮されたアルバムになりました。アルバムデビューから10年、おおはたの「今」の歌を、ぜひお楽しみください。 

また今回はソングエクス・ジャズ初の試みとして、SONG X SHOP での購入者限定でボーナストラック「明日ハ晴レカナ、曇リカナ」(武満徹作)を含む、24bit 96kHz WAVダウンロードコードを商品に封入します。フィジカルCD製品の在り方が問われる昨今において、新しい音源の楽しみ方をご提供したいと思います。 



[おおはた雄一 『夜の歌が聴こえる』発売情報]

アーティスト : おおはた雄一 
タイトル : 夜の歌が聴こえる 
品番: SONG X 026 
フォーマット : Audio CD (全10曲) 
       + 24bit 96kHz WAV ダウンロードコード封入 
           (ボーナストラックを含む全11曲) 
価格 : 2,300円 + 税 
発売日 : 2015年3月9日(月) 
先行予約開始日 : 2015年2月6日(金)午前10時 ~ 
先行予約終了日 : 2015年3月5日(木)午後23時まで

ご購入ダイレクト・ボタン→

 

 ※ 本作品はライヴ会場及び、SONG X JAZZ web 限定販売となります。CD・レコード店、及びネット通販などでの一般販売の予定はございません。お買い求めのお客さまは、弊社SHOPページより、ご購入お手続きに進んでいただきますと全国にお届けいたします。 
※ 先行予約でご購入いただいたお客さまは発売日までに指定の配送先まで商品をお届けいたします。 

 [収録曲] 
01.窓辺にて 
02.グッドイーブニング、ブルー 
03.小さなアンセム 
04.未来の月 
05.ある夜に (Instrumental) 
06.あの頃の匂い 
07.存在 
08.にじみ 
09.おだやかな暮らし (with tico moon) 
10.物語はつづく 

 All Songs Written & Produced by おおはた雄一 

 Bonus Track 明日ハ晴レカナ、曇リカナ(作詞・作曲 : 武満徹)

[参加アーティスト] 
おおはた雄一: Vocal & Guitar 
吉野友加 (tico moon) : Harp (tr#08,09,10)
影山敏彦 (tico moon) : Electric Guitar (tr#08,09)



1975年茨城県土浦市生まれ。ブルースやフォークミュージックをルーツとする、シンガー/ソングライター、ギタリスト。 音楽プロデューサー。2004年1stアルバムを発表。現在までに6枚のオリジナルアルバムをリリース。 代表曲「おだやかな暮らし」は、クラムボンなど多くのアーティストにカバーされている。ライブでの自由なギター弾き語りは独特のリラックスした空気感を放ち、近年では、芳垣安洋(dr)・伊賀航(b)とのトリオもライブ人気が高い。 楽曲提供(畠山美由紀、湯川潮音など)や、アルバム録音の参加も多数あるほか、映画音楽・CM音楽、ナレーション等、広く活動を展開。坂本美雨とのユニット「おお雨」でもライブ出演。福岡晃子(チャットモンチー)との新ユニット「くもゆき」としても活動を開始。インストアルバム「Solace」(ライブ会場限定)も好評。2015年春、2年半ぶりの新作アルバムをリリースする。  


img

[Release Information]

> January 22, 2015

(pianohouse.mmg 第二弾作品)後藤浩二 ピアノ・ソロ・アルバム『La Rencontre 』発売、発売記念公演のお知らせ。

昨年(2014年)にスタートした、弊社と愛知県のピアノ工房「pianohouse.mmg」との提携によるアライアンス・レーベル第二弾発売は、本作のA&R ディレクターもつとめる三ケ田美智子氏が調律師として永年にわたり活動を共にしてきた、名古屋地域を中心に活動するジャズ・ピアニスト後藤浩二のソロ・アルバム『La Rencontre』(2015年3月21日発売)です。 


才気あふれるピアノ演奏で、20年間にわたり名古屋を中心に全国の聴衆を魅了してきたピアニスト後藤浩二。7年ぶりのオリジナルアルバム『La Rencontre』(PMMG1002/SONG X 027)ではその集大成ともいえる渾身のピアノソロ作品。独特のタッチで描かれた12曲のストーリーに、誰もが魂を奪われます。 



[KOJI GOTO new album『La Rencontre』(PMMG1002/SONG X 027)trailer]
  

また今回の発売に伴い発売記念公演が決定しています。 
日程、会場等の情報は下記の通りです。貴重な機会となる公演を是非お見逃しなく! 



[後藤浩二 ピアノ・ソロコンサート]

[開催日]2015年 3月20日(金)
[時 間]開演 19:30 
[会 場]ザ・パーク・バンケット (200席)   
               愛知県名古屋市中区錦3-6-15 名古屋栄 テレビ塔4階 
[主 催]pianohouse.mmg 
[制 作]Todo エージェンシー 
[協 力](株)シンタックスジャパン、(株)ソングエクス・ジャズ 
[チケット発売日]2015年1月20日 
[料 金]前売り 4000円税込み  
[チケット取扱い]イープラス http://eplus.jp 
          ピアノハウスエムエムジーTel : 052-806-3023 
                                                    E-mail : pianohouse.mmg@gmail.com 

[ピアノハウスエムエムジーでご予約の場合] 
電話又はメールでお申込みの上、下記の金融機関にチケット代金をご入金ください。 
後日、チケットを郵送させて頂きます。  

□銀行口座 三菱東京UFJ銀行 平針支店 普通口座 0146134 ピアノハウスエムエムジー
 ※振込手数料はご負担ください。 
※受付より1週間以内にご入金が確認できない場合キャンセルとさせて頂きます。 



[後藤浩二プロフィール]

1973年名古屋市生まれ。父親の影響で4歳よりピアノをはじめ、南山大学入学と同時にジャズに傾倒、在学中より演奏活動を開始。2002年より毎年のようにオリジナルアルバムを発表、2004年には小曽根 真プロデュースによる、伊藤 君子(Vo)のアルバム『一度恋をしたら~Once You've Been In Love』(2004年/ビデオアーツ・ミュージック)に4曲参加。年々活動の幅は広がり2007年にはハービー・メイソン(dr)をプロデューサーとして迎えブラッド・メルドーの右腕、ラリー・グレナディア(b)とニューヨークで制作されたトリオアルバム『hope』(2007年/ビデオアーツ・ミュージック)は大きな話題となった。またジャズヴォーカリストからの信頼は絶大で多数の作品に参加、クラシック音楽の演奏家との共演も多く、宗次ホールでのコンサートの模様を収録したアルバム『後藤浩二 ソロコンサートwith ストリングス』(2009年/爽健美舎SKB)をリリース。現在はTV- CM出演やラジオのパーソナリティとしての活動もこなしながら、名古屋を拠点に国内外で精力的に演奏活動・作曲活動を続けている。

オフィシャル web site → http://kojigoto.web.fc2.com


img

[Release Information]

> December 20, 2014

Merry Christmas ! (SONG X 024)Ann Sally - O Holy Night 「さやかに星はきらめき」ダウンロード販売のお知らせ。

弊社ソングエクス・ジャズはこのほど、ハイレゾ音源配信サイトを運営する e-onkyo music とコラボレートし、NTTドコモの最新スマートフォン機種(リンク参照)で無料ダウンロード可能な楽曲として『Ann Sally - O Holy Night 邦題 : さやかに星はきらめき』(SONG X 024)を2014年のクリスマス・シーズン用のキャンペーン・ソングとして提供しました。尚、同機種をお持ちになられていない方々は、e-onkyo musicのサイトより、WAV 96kHz / 24bit or FLAC 96kHz / 24bit で各 ¥309 (税込)でご購入可能です。

アン・サリーの仲間達と手作りでごく最近録音されたこの曲は、クリスマス・キャロルとして世界中で知られている名曲。数多くあるクリスマス・ソングよりアン・サリー自身が選曲し、録音はシンガー・ソングライターとしても活躍する笹倉慎介氏が運営する、guzuri recording house (埼玉県・入間市)で行われたものです。

今年ももう数えるほどになりました。アン・サリーの心温まる歌声とともに素敵なクリスマスをお迎えください。

Ann Sally : Vocal 、小池 龍平 : Guitar 、小林 創 : Piano / Organ 、飯田 玄彦 : Trumpet

Recording and Mix Engineer : 笹倉慎介 at guzuri recording house

img

[Release Information]

> September 28, 2014

(pianohouse.mmg 第一弾作品)喜多直毅クアルテット『Winter in a Vision』発売、発売記念公演のお知らせ。

株式会社ソングエクス・ジャズは、愛知県でピアノ工房「pianohouse.mmg」を営む三ケ田 美智子氏との連携のもと、アライアンス・レーベルをこのたび新たに立ち上げました。 同レーベルは独立してピアノの修理・販売をしながら、一般家庭、コンサート会場、録音現場の調律を主に活動しながらも、一方でコンサートを企画、主催するなどプロモーターとしても活動している同氏をA&R に迎え、アーティストとの密接な距離感と調律師ならではの感覚を活かしたディレクションにより、企画・録音作品を発表していく取り組みです。本作品を投入することにより、弊社は音楽シーンの発展に貢献してまいります。


「pianohouse.mmg」第一弾(2014年10月22日発売)となる作品は、2011 年ヴァイオリニスト喜多直毅によって結成された四重奏団の初録音作品『Winter in a Vision』(PMMG1001/ SONG X 023)。収録されている楽曲はすべて喜多のオリジナル作品であり、その出自とも言うべきアルゼンチン・タンゴからフリージャズ、即興演奏、現代音楽まで、様々な要素を呑み込んで再構築された比類なき音楽。4人のメンバーは、それぞれの楽器における国内屈指のタンゴ奏者と目されつつ、圧倒的な実力により、ジャンルを超えてシーンの最先端で 活躍している。この4人においてこそ実現する超絶なる表現が、聴衆の気魂を揺さぶり"ドゥエンデ "を呼び醒ます。

作品プレスリリースはこちらからダウンロード可能です。→ SONG X 023 PRESSRELEASE PDF 

また今回の発売に伴い発売記念公演が決定しています。
日程、会場等の情報は下記の通りです。貴重な機会となる公演を是非お見逃しなく!



[喜多直毅クアルテット・コンサート 2015 〜幻の冬〜]

[ 開催日 ] 2015年1月29日(木)
[ 時 間 ] 19:30開演(19:00開場)
[ 会 場 ] 東京オペラシティ・リサイタルホール(東京・初台)
[ 出 演 ] 喜多直毅(ヴァイオリン)
        北村聡(バンドネオン)
             三枝伸太郎(ピアノ)
             田辺和弘(コントラバス)

[ 料  金 ]   前売り 3,500円 /当日 4,000円
[ 予  約 ]   東京オペラシティチケットセンター : 03-5353-9999
              e+(イープラス)
[ 主   催 ] 株式会社ソングエクス・ジャズ/pianohouse.mmg
[ 協   賛 ]   shin-ichi tokunaga
[ 総合お問い合わせ ] 株式会社ソングエクス・ジャズ 
                                    tel 03-3257-3404 email : info@songxjazz.com

  フライヤー PDFはこちら からご覧になれます。→ SONG X LIVE 023 Flyer 


img

[Live Information]

> August 12, 2014

(SHIKIORI Recordings 第一弾作品)カイル・シェパード『INTO DARKNESS』発売、来日公演のお知らせ。

株式会社ソングエクス・ジャズは、福岡の古民家音楽ホール「SHIKIORI」(福岡県・宮若市)との連携のもと、アライアンス・レーベルとして「SHIKIORI Recordings」をこのたび新たに立ち上げました。 同レーベルはジャズ・ベーシストとして国内外で活躍しながら、プロモーターとしても様々なアーティストの招聘活動も精力的に行っている松永誠剛氏を総合プロデューサーに迎え、同会場のナチュラルなサウンドを専属エンジニアでもある福岡功訓氏(fly-sound)とのオペレーションのもとで録音された作品を発表していく取組みです。本作品を投入することにより、地方都市の音楽シーンの活性化、さらには日本の音楽シーンの発展に貢献してまいります。

「SHIKIORI Recordings」第一弾となる作品は、南アフリカの若きピアニスト、カイル・シェパードによるピアノ・ソロ録音作品『INTO DARKNESS』SKOR 1001 (SONG X 020)。降って来る音をひろい集めるように、広がっていく瑞々しいフレーズ。アブドゥーラ・イブラヒムの"アフリカン・ピアノ"の継承者と評される、南アフリカが生んだ1987年生まれの若きピアニスト、カイル・シェパード。南アフリカの人々の持つ力強さと哀しみが満ちた、新世代のタウンシップ(旧黒人居住区)・ミュージックです。

また今回の発売に伴い来日公演が決定しています。来日日程、会場等の情報は下記の通りです。貴重な機会となる来日公演を是非お見逃しなく!




[カイル・シェパード来日公演情報]

9月6日(土) 福岡・ 古民家SHIKIORI 18:00開演 (問)Tel 090-1163-502
9月7日(日) 東京・東京ジャズ2014 地上広場
9月9日(火) 東京・根津教会 18:45開演 http://shikiori.net/
9月10日(水)名古屋・5/R Hall & Gallery 音楽ホール 19:00開演(問)Tel 0568-89-0301
9月12日(金) 沖縄・石垣島すけあくろ 20:00開演 (問)Tel 090-3796-8326
9月13日(土) 沖縄・がらまんホール 19:30開演(問)Tel 098-983-2613
9月15日(月) 沖縄・宮古島 ブックカフェブレス 20:00開演(問)Tel 090-9236-590

主催/制作 : Asian Cape Connection   

      

img

[Release Information]

> June 22, 2014

(rabbitoo)ファーストアルバム「national anthem of unknown country」が欧州全域で発売開始!

弊社ソングエクス・ジャズはこのほど、パリに本社を置くフランスのレーベル"Naïve"社と、今年2月に日本国内に向けて発売したオリジナル作品「rabbitoo/national anthem of unknown country」(SONG X 019)の欧州全域に渡る同作の販売権について契約を締結しました。これにより同作品はフランス国内市場を皮切りに、欧州全域に渡る市場で順次発売されることになります。厳寒の今年1月下旬、同社を訪ねた際、先方ディレクターに聴かせるや否やすぐに反応があり今回の発売に至りました。知名度こそまだ低いものの、欧州の関係する各メディアからは早くも注目が集まりはじめています。

また現在、2015年中には欧州公演ツアーが実現できるよう調整を続けています。ますますrabbitooの今後の活動から目が離せません!

img

[Live Information]

> April 24, 2014

(SONG X LIVE 016)トーマス・エンコ・トリオ『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2014』公演が好評につき、追加公演(東京日仏学院ラ・ブラッスリー、モーション・ブルー・ヨコハマ公演)が決定!

まもなく迫った大型連休中(5月3日〜5日)に東京国際フォーラムを中心に、大手町、丸の内、有楽町エリアで開催されるクラシック音楽の常識を覆すユニークなコンセプトでセンセーションを巻き起こしている世界最大の音楽祭『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2014』にジャズ界を代表して出演が決定しているトーマス・エンコ・トリオ。これまでの録音作品とは一線を画す、『骨太』なピアノ・トリオ・サウンドで度肝を抜く、初のセルフ・プロデュースによるオリジナル・アルバム『fireflies』(SONG X 021)の発売を記念して、追加公演が決定!完成されたピアノのテクニックと、情熱的でユニークなコンポジション、そして細部まで徹底的に作り込んだ編曲で、ピアノ・トリオ・フォーマットの限界域に臨む貴重な公演をお見逃しなく!


[トーマス・エンコ・トリオ 来日公演情報] 



〜ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2014〜

【日 時】2014年5月3日(土・祝) 開演 14:15
【会 場】東京国際フォーラム Hall B5(カフカ)256席
【料 金】指定席 2,500円 → 予定販売枚数終了!
【出 演】トーマス・エンコ(ピアノ)
     クリス・ジェニングス(ベース)
     ニコラ・シャルリエ(ドラム)

【日 時】2014年5月4日(日・祝)開演 16:15
【会 場】東京国際フォーラム Hall D7(ホフマンスタール)221席
【料 金】指定席 2500円 → 予定販売枚数終了!
【出 演】トーマス・エンコ(ピアノ)「ガーシュウィンへのオマージュ」

【日 時】2014年5月5日(月・祝)開演 15:45
【会 場】東京国際フォーラム Hall C(リルケ)1,494席
【料 金】S席 3,000円 A席2,500円 → 残席僅少!
【出 演】トーマス・エンコ(ピアノ)
     クリス・ジェニングス(ベース)
     ニコラ・シャルリエ(ドラム)
【ご購入】http://www.lfj.jp/lfj_2014/ticket/?id=nav
【問合せ】LFJ「熱狂の日」音楽祭事務局 電話:03-5221-9100




(東京公演) New Album「FIRE FLIES」Release Live 【限定120名様】

【日 時】 2014年5月7日(水)開演 19:00 (開場18:30)
【会 場】 東京日仏学院 ラ・ブラスリー (120席・全席自由席)
【料 金】 4,500円 (税込価格) ※全席自由席
【主 催】 株式会社ソングエクス・ジャズ
【協 力】 梶本音楽事務所、ビューロ・エクスポート、東京日仏学院
【出 演】トーマス・エンコ(ピアノ)
     クリス・ジェニングス(ベース)
     ニコラ・シャルリエ(ドラム)
【ご予約】株式会社ソングエクス・ジャズ tel : 03-3257-3403 

emailアドレス : info@songxjazz.comまで、お名前とご連絡先をお知らせください。当日、会場にて入場料を頂戴いたします。




(横浜公演) New Album「FIRE FLIES」Release Live

【日 時】2014年5月8日(木)開演 19:00 (開場17:30)
【会 場】モーション・ブルー・ヨコハマ
【料 金】自由席 ¥4,000(税込)
【主 催】株式会社ソングエクス・ジャズ
【出 演】トーマス・エンコ(ピアノ)
     クリス・ジェニングス(ベース)
     ニコラ・シャルリエ(ドラム)

【ご予約】 https://reserve.motionblue.co.jp
【問合せ】モーション・ブルー・ヨコハマ  TEL :045-226-1919








img

[Release Information]

> April 9, 2014

(速報!)ヴィニシウス・カントゥアリア最新録音作品『Vinicius Canta Jobim』制作進行中!

弊社ソングエクス・ジャズのオリジナル企画作品として、昨年(2013年)11月に東京のスタジオでベーシック・トラックを収録し、その後ニューヨーク → リオ・デ・ジャネイロにファイルを運んで制作を進めていた、"ヴィニシウス・カントゥアリア"によるアントニオ・カルロス・ジョビン曲集の全貌が明らかになってきました。これまでにゲスト・アーティストとして、ビル・フリゼール(guitar)、沢田穣治(contrabass)、ジョイス(vocal,guitar)、坂本龍一(piano,key)、シコ・ピニェイロ(vocal,guitar)、そしてメロディ・ガルドー(vocal)!が参加。5月中旬にリオにて集中的にミキシング作業を行い、いよいよ完成の運びです。没20年を迎えるジョビンへの想いを、ヴィニシウスの繊細な指先と官能的な声で、至高のメロディが描き出されます。2014年7月に日本先行発売予定。

img

[Release Information]

> March 23, 2014

(まもなく販売終了!)【1,000セット完全限定】アン・サリー『森の診療所...featuring Ann Sally』(CD+BOOK) リミテッド・エディション。

昨年11月末より販売を開始した【1,000セット完全限定】森の診療所...featuring Ann Sally リミテッド・エディション(CD+BOOK)が、まもなく限定数に到達し販売を終了予定です。

CD二枚組となる『森の診療所...featuring Ann Sally』(SONG X 017/018)は、 2001年のデビュー以来、オリジナル作品の発表と平行してきた他アーティストとの共演を集約したDisc①「....featuring Ann Sally」と、映画主題歌、TVテーマ曲、またCM等に残してきた未発表音源を集約したDisc②「....Movie,CM works etc」をカップリング。これに初の著書本となる『森の診療所』(A5判・128ページ・オールカラー・FG MUSASHI出版)を収めた限定1,000セットのリミテッド・エディション(SONG X 017/018 LE)。

ご購入は →より(決済画面に切り替わります。)

※本商品は当Web Site「SONG X SHOP」での限定販売商品となります。CD・レコード店、及びネット通販などでの一般販売の予定はございません。



商品名 : Ann Sally 『森の診療所...featuring Ann Sally』リミテッド・エディション
価格 : ¥4,300 + 税
規格番号 : SONG X 017 / 018 LE
仕様 : CD (二枚組、全26曲収録) + BOOK ( A5判・128ページ・オールカラー)

(CD DISC 1 ....featuring Ann Sally) 
① Love[Ann Sally + 細野晴臣]
② Chovendo Na Roseira
③ たなばたさま [Ann Sally + Hands of Creation]
④ Will You Love Me Tomorrow[John Tropea feat. Ann Sally]
⑤ めぐり逢い[CHORO CLUB with VOCALISTAS]
⑥ おなかいっぱい! [笹子重治 feat. Ann Sally]
⑦ Complaining too much [畠山美由紀 with Ann Sally]
⑧ Yesterday
⑨ 聖者の行進[BLACK BOTTOM BRASS BAND feat. Ann Sally]
⑩ 懐かしのニューオリンズ 
⑪ 死んだ男の残したものは[CHORO CLUB with VOCALISTAS]
⑫ La La Means I Love You[John Tropea feat. Ann Sally]
⑬ 満月の夕[NØ NUKES JAZZ ORCHESTRA]
⑭ Goodnight

(CD Disc2 ....Movie,CM works etc..)
① World you reached[菅野よう子+Ann Sally]('03 ソニーハイビジョンCM)※初音源化
② おかあさんの唄 [Ann Sally 高木正勝](映画「おおかみこどもの雨と雪」主題歌) 
③ 白いブランコ[Ann Sally with Saigenji](映画「かぞくのくに」イメージソング)※初CD化
④ Lights of Memories(霧島酒造株式会社CM「吉助」挿入歌) ※初音源化
⑤ 帰り道(マルコメ株式会社TV-CM「料亭の味2013」挿入歌)※初音源化
⑥ ゆめのこもりうた[菅野よう子+Ann Sally](OST「Say Hello!あのこによろしく」)
⑦ ロマンスをもう一度 (小田急電鉄株式会社「ロマンスカー 箱根の学校編」CM曲)※初音源化
⑧ のびろのびろだいすきな木 (NHK みんなのうた)
⑨ Something Stupid[細野晴臣](TOYOTA 86 TVCM曲 )
⑩ Say Hello ![菅野よう子+Ann Sally](OST「Say Hello!あのこによろしく」)
⑪ Smile-Goodtime version(NHKスペシャル 「マネー資本主義」 テーマ音楽)※初CD化 
⑫ 時間旅行(『レイトン教授と最後の時間旅行』エンディングテーマ曲)  

(BOOK)
書籍『森の診療所』(A5判・128ページ・オールカラー/発行元 : エフジー武蔵)
なぜ、彼女の歌声は心に響くのか――。歌手・母・医者――3つの顔を持つアン・サリー。都会を離れ、清らかな森のそばへと移り住んだのちのつつましい暮らしぶりを、透明感あふれる言葉で綴ったフォト&エッセイ。雑誌『ガーデン&ガーデン』(FG MUSASHI)に4年にわたり執筆したコラムと、幼少期~成人までの回想、育児や家族との暮らし、医師の仕事、夫婦のあり方など、彼女のプライベートなテーマについて書き加えた初の著書。幾度聴き重ねても飽きることがないと語るおすすめのアルバムを、本人書き下ろしのコメントとともに紹介するディスクガイドも必見。心に沁みわたるアン・サリーの歌声の秘密をひもとく鍵となる、ファン待望の一冊です。



ご購入は →(決済画面に切り替わります。)

※ 本作品はSONG X JAZZ web 限定販売となります。CD・レコード店、及びネット通販などでの一般販売の予定はございません。お買い求めのお客さまは、弊社SHOPページより、ご購入お手続きに進んでいただきますと全国にお届けいたします。

img

[Release Information]

> December 2, 2013

(SONG X 019)ジャズ・シーンにおける最注目バンド「rabbitoo」のファースト・アルバムがいよいよ完成!2月1日(土)よりSONG X SHOPにて先行販売開始のお知らせ。

ここ数年、早耳のジャズ/ポストロック/エレクトロニカ・ファンの間で、いまかいまかとアルバムリリースが待望されていた「rabbitoo」。制作期間約1年半を費やして完成した待望のファースト・アルバム「national anthem of unknown country」(SONG X 019)が完成しました。

もはや日本を代表するジャズ・ギタリストと言っても過言ではない市野元彦をリーダーに2010年に結成され、ソロ・アーティストとしてもキャリアを積んできたサックスの藤原大輔、シカゴでドラマーとして、エンジニアとしても活動した経歴をもつ田中徳崇、ジャズ・シーンのみならず、ロックやエレクトロニカシーンでも活躍するベースの千葉広樹、2011年にソロ・アルバムを発表しその才能を知らしめたキーボードの佐藤浩一。

この5人から放たれる形容不可能な音楽こそ、21世紀の「ジャズの来るべきかたち」なのかもしません。未知なるテクスチャーを追い求めた果てに産み落とされた未知なるジャズがついに世界へと解き放たれます。



r a b b i t o o 「national anthem of unknown country」(SONG X 019)

市野 元彦 : Guitar,Electronics 
藤原 大輔 : Tenor Sax,Electronics 
千葉 広樹 : Contrabass,Electronics 
田中 徳崇 : Drums 
佐藤 浩一 : Piano,Synth,Keyboards

収録曲 : 
01. 猿の正夢 
02. 黄色いスープ、青のパン 
03. 砂漠の水夫 
04. 入り口から数えて五番目の席で待つ男
05. 森
06. subliminal sublimation 
07. Eat Your Orange  
08. Distance 
09. 兎とコッペパン 
10. n.a.o.u.c 
11. 三番目の太陽 
12. 入り口から数えて二番目の席で待つ女 

録音エンジニア : 田中 徳崇 
ミックス・エンジニア : 鎌田岳彦 (foxyroom)、田中 徳崇 
マスタリング・エンジニア : オノ・セイゲン( Saidera Paradiso Ltd,.)
     
   


(先行販売のお知らせ) 
一般販売(2014年2月を予定)に先駆けて、弊社SONG X SHOPで先行販売を行います。
 
PRE-ORDER 受付中 ! 商品は2月1日(土)以降のお届けとなります。 

ご購入は →(決済画面に切り替わります。)



shugo のコピー.jpg 
 藤原大輔    千葉広樹     市野 元彦     田中徳崇     佐藤 浩一


市野 元彦|Motohiko Ichino : Guitars,Keyboards 
1968年神戸市生まれ。同志社大学在学中より独学でジャズを学び、関西圏で活動を始める。96年にバークリー音楽大学に留学。99年に同校を卒業、2001年に帰国後は首都圏のライブハウスを中心に活動を開始する。2007年に初のリーダー作『Sketches』(Ammonite Musique)を、翌2008年には『Time Flows (like water)』(Boundee Jazz Library)をリリース。現在は「rabbitoo」に加えて、外山明(ドラム)、津上研太(サックス)との「Time Flows Trio」、外山明、千葉広樹との「toy boat」、水谷浩章(ベース)、山本昌広(サックス)との「PM8:00」といった自身のプロジェクトを率い、荻窪ベルベットサンや新宿ピットインを中心に活動中。サイドメンとしては、橋爪亮督(サックス)、小山彰太(ドラム)、水谷浩章、竹内直(サックス)らのリーダーグループへ参加するほか、渋谷毅(ピアノ)や藤原大輔とのデュオ、津上研太(サックス)や南博(ピアノ)とのプロジェクトなど多数。 

藤原 大輔|Daisuke Fujiwara : Tenor Saxophone 
1970年生まれ。96年にバークリー音楽大学卒。同年には、ジョージ・ラッセルが提唱したジャズ理論のリディアン・クロマチック・コンセプトの教員ライセンスを取得。帰国後の97年に自身のバンド「phat」を結成。2002年にファースト『色(Siki)』を、2003年には『タユタフ』をブルーノート/東芝EMIよりリリース。2004年にはエレクトロニック・ ミュージックと即興演奏を軸にしたソロ・プロジェクト「quartz head」での活動を開始。ジェフ・ミルズやアンダーグラウンド・レジスタンスといったアーティストたちとのコラボレーションを経て制作された3枚のアルバムをBody Electric/イーストワークスからリリース。現在は井野信義(ベース)と外山明とのトリオ、市野元彦とのデュオ、山本達久(ドラム)、ケリー・チェルコ(ギター)との「mastership of fool」などのほか、松本健一(サックス)主宰の「SXQ」、芳垣安洋(ドラム)率いる「Orquesta Libre」などで活動中。

佐藤 浩一|Koichi Sato : Keyboards,Piano 
1983年横浜市生まれ。5歳からピアノを始め、16歳でクラシックピアノからジャズピアノに転向。洗足学園大学(現・洗足学園音楽大学)ジャズコース入学後よりライブ活動を始める。2005年にバークリー音楽大学に留学。ピアノをアラン・マレット、ダニーロ・ペレスに師事。2008年に帰国し、首都圏を中心に演奏活動を始める。2011年にポニーキャニオンより初のリーダー作『ユートピア』をリリース。自身のグループ/プロジェクトに加え、小林桂(ヴォーカル)のレコーディングへのアレンジャー兼ピアニストとしての参加、安ヵ川大樹(ベース)、橋爪亮督、市原ひかりらのグループでも活動中。2012年からは洗足学園音楽大学の非常勤講師として、後進の指導にもあたる。 

千葉 広樹|Hiroki Chiba : Contrabass,Electric Bass 
1981年岩手県生まれ。幼少の頃からヴァイオリンを始め、大学在学中にベーシストの道を志す。2004年からジャズベーシストとして活動を始め、師でもある菊地雅晃(ベース)や外山明のグループに参加するほか、ジム・オルークやサンガツ、蓮沼執太フィルなど、ジャズに留まらず幅広いジャンルでの活動を展開する。2008年にTelemetryからSaidrumとのコラボレーショントラックを含むソロアルバム「Hiroki Chiba+Saidrum」をリリース。2013年10月には服部正嗣(ドラム)とのデュオ「Kinetic」のミニアルバム『Kinetic』をリリースした。ベースまたはヴァイオリンでレコーディングに参加した作品は、世武裕子『アデュー世界戦争』蓮沼執太『CC OO』、HOSE『Ⅱ』、FilFla『Sound Fiction』など多数。また、サンガツのメンバーとして岡田利規率いる劇団チェルフィッチュの『三月の五日間』100回記念公演に参加するほか、2012年初演の『現在地』では音楽も手掛けた。 

田中 徳崇|Noritaka Tanaka : Drums 
1977年福岡県生まれ。10代でドラムを始め、ロレッタセコハンなどでバンド活動を開始。97年に渡米し、20代をシカゴで過ごす。ジャズと現代音楽を学び、数多くのグループ/セッションにドラマーとして参加。トータスを始めとしたシカゴ音響派世代とも交流を深める。2007年に帰国後は、ケイ赤城トリオや日野皓正クインテットに加入する一方、ペーター・ブロッツマン、ケン・ヴァンダーマーク、井野信義、八木美知依、ジム・オルーク、ボニー・プリンス・ビリー、 ジョセフィン・フォスターら多数のミュージシャンのプロジェクトに参加している。 

rabbitoo official site : rabbitoo.com

img

[Release Information]

> November 22, 2013

(SONG X 017/018 LE)【完全限定】森の診療所...featuring Ann Sally リミテッド・エディション(CD+BOOK)発売のお知らせ。

穏やかな暮しから紡がれる、時代やジャンルの枠を超えた音楽性と、柔らかく深みある唯一無二の歌を集めたマスターピース。初の著書本『森の診療所』も収まったボックスセットCD + BOOK)となるリミテッド・エディションは1,000セット限定販売。

ソングエクス・ジャズより、2013年を締めくくるにふさわしい話題作の登場です!自由でしなやかな音楽性、凛とした生きざま、そしてなによりも透き通ったあの歌声・・。全国各地でのライブを通じて、真摯な音楽ファンの心を掴んできたアン・サリー。CD二枚組となる『森の診療所...featuring Ann Sally』(SONG X 017/018)は、 2001年のデビュー以来、オリジナル作品の発表と平行してきた他アーティストとの共演を集約したDisc①「....featuring Ann Sally」と、映画主題歌、TVテーマ曲、またCM等に残してきた未発表音源を集約したDisc②「....Movie,CM works etc」をカップリングしました。これに初の著書本となる『森の診療所』(A5判・128ページ・オールカラー・FG MUSASHI出版)を収めたボックスセットを限定1,000セットのリミテッド・エディション(SONG X 017/018 LE)として11月26日(火)に発売いたします。

PRE-ORDER 受付中 ! 商品は11月26日(火)以降のお届けとなります。
ご購入は →より(決済画面に切り替わります。)

※本商品は当Web Site「SONG X SHOP」での限定販売商品となります。CD・レコード店、及びネット通販などでの一般販売の予定はございません。



商品名 : Ann Sally 『森の診療所...featuring Ann Sally』リミテッド・エディション
価格 : ¥4,515(税抜価格 : ¥4,300)
規格番号 : SONG X 017 / 018 LE
仕様 : CD (二枚組、全26曲収録) + BOOK ( A5判・128ページ・オールカラー)

(CD DISC 1 ....featuring Ann Sally) 
① Love[Ann Sally + 細野晴臣]
② Chovendo Na Roseira
③ たなばたさま [Ann Sally + Hands of Creation]
④ Will You Love Me Tomorrow[John Tropea feat. Ann Sally]
⑤ めぐり逢い[CHORO CLUB with VOCALISTAS]
⑥ おなかいっぱい! [笹子重治 feat. Ann Sally]
⑦ Complaining too much [畠山美由紀 with Ann Sally]
⑧ Yesterday
⑨ 聖者の行進[BLACK BOTTOM BRASS BAND feat. Ann Sally]
⑩ 懐かしのニューオリンズ 
⑪ 死んだ男の残したものは[CHORO CLUB with VOCALISTAS]
⑫ La La Means I Love You[John Tropea feat. Ann Sally]
⑬ 満月の夕[NØ NUKES JAZZ ORCHESTRA]
⑭ Goodnight

(CD Disc2 ....Movie,CM works etc..)
① World you reached[菅野よう子+Ann Sally]('03 ソニーハイビジョンCM)※初音源化
② おかあさんの唄 [Ann Sally 高木正勝](映画「おおかみこどもの雨と雪」主題歌) 
③ 白いブランコ[Ann Sally with Saigenji](映画「かぞくのくに」イメージソング)※初CD化
④ Lights of Memories(霧島酒造株式会社CM「吉助」挿入歌) ※初音源化
⑤ 帰り道(マルコメ株式会社TV-CM「料亭の味2013」挿入歌)※初音源化
⑥ ゆめのこもりうた[菅野よう子+Ann Sally](OST「Say Hello!あのこによろしく」)
⑦ ロマンスをもう一度 (小田急電鉄株式会社「ロマンスカー 箱根の学校編」CM曲)※初音源化
⑧ のびろのびろだいすきな木 (NHK みんなのうた)
⑨ Something Stupid[細野晴臣](TOYOTA 86 TVCM曲 )
⑩ Say Hello ![菅野よう子+Ann Sally](OST「Say Hello!あのこによろしく」)
⑪ Smile-Goodtime version(NHKスペシャル 「マネー資本主義」 テーマ音楽)※初CD化 
⑫ 時間旅行(『レイトン教授と最後の時間旅行』エンディングテーマ曲)  

(BOOK)
書籍『森の診療所』(A5判・128ページ・オールカラー/発行元 : エフジー武蔵)
なぜ、彼女の歌声は心に響くのか――。歌手・母・医者――3つの顔を持つアン・サリー。都会を離れ、清らかな森のそばへと移り住んだのちのつつましい暮らしぶりを、透明感あふれる言葉で綴ったフォト&エッセイ。雑誌『ガーデン&ガーデン』(FG MUSASHI)に4年にわたり執筆したコラムと、幼少期~成人までの回想、育児や家族との暮らし、医師の仕事、夫婦のあり方など、彼女のプライベートなテーマについて書き加えた初の著書。幾度聴き重ねても飽きることがないと語るおすすめのアルバムを、本人書き下ろしのコメントとともに紹介するディスクガイドも必見。心に沁みわたるアン・サリーの歌声の秘密をひもとく鍵となる、ファン待望の一冊です。



PRE-ORDER 受付中 ! 商品は11月26日(火)以降のお届けとなります。
ご購入は →(決済画面に切り替わります。)

※ 本作品はSONG X JAZZ web 限定販売となります。CD・レコード店、及びネット通販などでの一般販売の予定はございません。お買い求めのお客さまは、弊社SHOPページより、ご購入お手続きに進んでいただきますと全国にお届けいたします。

img

[RELEASE INFORMATION]

> October 26, 2012

(SONG X 013/014)カート・ローゼンウィンケル「スター・オブ・ジュピター」発売のお知らせ。

ジャズ・ギターを拡張せよ!カート・ローゼンウィンケルの新たな挑戦。7年ぶりのオリジナル・スタジオ録音作品「スター・オブ・ジュピター」が遂に11月21日(水)発売!

 ソングエクス・ジャズより、2012年を締めくくるにふさわしい話題作の登場です!ジャズ・ギターの世界をぶっちぎりでリードする、"皇帝"カート・ローゼンウィンケルの最新作は、前作「DEEP SONG」(2005年)以来、実に7年ぶりとなるオリジナル・スタジオ録音作品。その名も「スター・オブ・ジュピター」(SONG X 013 / 014)が、11月21日(水)に発売されます。

ジャズという枠を遠く置き去りにしながら、常に新たな世界を切り開いてきたカート。今作では、昨年結成した新カルテット率い、「宇宙」をテーマに新境地を聴かせてくれます。ピアノに、ブルー・ノート他からリーダー作もあり、近年はジョジュア・レッドマン率いる「ジェイムス・ファーム」のメンバーとして活躍するアーロン・パークス(ピアノ)。ドラムスにブランフォード・マルサリスがレギュラー・メンバーとして大抜擢したことで一躍注目を浴びる若干20歳の超新星ジャスティン・フォークナー。ベースには、もはやファースト・コール・ベーシストとしての地位を確立し、近年のカートの音楽のボトムを安定感をもって支えてきたエリック・レヴィス。この強力カルテットは、2012年初頭に行なわれたヴィレッジ・ヴァンガード(ニューヨーク)での連続公演を行ない、そのクオリティとオリジナリティの高さにニューヨークの音楽ファンを圧倒、いまかいまかとアルバム制作が待たれていました。 

644651_10151192173533818_1490346340_n.jpg

写真左より ジャスティン・フォークナー(ドラム)、カート・ローゼンウィンケル(ギター)、アーロン・パークス(ピアノ)、エリック・レヴィス(ベース)

その待望の録音は、まだ路面も凍るほどの寒さが残る2012年3月上旬のニューヨーク郊外のスタジオで、名匠ジェームス・ファーバー(録音エンジニア)を迎えての約一週間の合宿を通じて行なわれました。音楽のみに没頭できる絶好の環境のなかで現代ジャズ界において最もクリエイティブな4人が、それぞれそのポテンシャルを爆発させ完成したのが、本作「スター・オブ・ジュピター」なのです。 

ジャズギターのリーダーとして不動の地位を築くカートですが、そこに安住することなく、「スター・オブ・ジュピター」では聴き手を未踏の<宇宙>へと連れ出してくれます。現代音楽シーンにおける最も果敢で、最も冒険心に溢れたカルテットとともに、地球外旅行に、いざ旅立て!  

また、本カルテットによる来日公演を2013年3月に開催する予定です。詳細の発表は、間もなく当サイトにて。

作品詳細ページはこちらよりお進みください。→ SONG X 013/014



img

[Release Information]

> October 22, 2012

(SONG X 012)ヴィニシウス・カントゥアリア『アパート暮らしのインヂオ』(Índio de apartamento)発売のお知らせ。

都会の喧噪のなか訥々と紡ぎ出されるメロディ。そこに宿るは遠い故郷への想いか、飼いならされる野生か。ブラジル音楽随一の吟遊詩人が世界中の"都市人"に捧ぐメトロポリスのサウダージ。坂本龍一、ノラ・ジョーンズ、ビル・フリゼール、ジェシー・ハリスほか参加作品、10月31日発売です。

 『インヂオ・ヂ・アパルタメント(Índio de apartamento)』、つまり「アパート暮らしのインヂオ」とは、なんと勘所を押さえたタイトルだろう。「インヂオ」は通常「先住民」と訳すのだが、このタイトルの場合は、どこか懐疑的で、いろいろと自分のやることにこだわりのある異文化人というような、もっと複雑かつ具体的なイメージが込められているように思われる。それが、典型的な大都会の住居であるアパートメントに住んでいるのだ。つまり、このインヂオは、アマゾン地域の中心地マナウスで生まれ、7歳でリオへ転居し、少なくともここ20年くらいはニューヨークで暮らしているブラジル人、すなわちヴィニシウス自身に他ならない。  インヂオとしての彼は、自分を取り巻く、ないし取り巻いてきた世界から得た広範な智恵を、大切に抱え持っている。その中から、特にこだわりをもって選び出されたエレメントを注意深く配置して、今回のアルバムも作られている。アルバムの中でそれらのエレメントは、実に思いがけない鮮烈な輝きを見せてくれる。インヂオの住むアパートメントの窓からは、大自然の満天の星空を仰ぎ見ることができるのだ。
(text by 國安真奈)




< Short Profile : ヴィニシウス・カントゥアリア> 1951 年、ブラジル北部のベレンに生まれ、6才の時にリオデジャネイロに移住。1970年代には自身のバンドの他、カエターノ・ヴェローゾのバック・メンバーとしても活躍。80 年代から 90 年代初めにかけて 6 枚のソロ・アルバムを発表、ヒット・シングルにも恵まれる。90 年代半ばにニューヨークに拠点を移し、エレクトロ、アンビエントなテクスチャーも取り入れて新しいブラジル音楽を追求した『Sol Na Cara』(1996) を発表。以降、コンスタントにソロ作を発表するかたわら、グラミー賞にノミネートされたビル・フリゼールの 2003 年作『The Intercontinentals』にバンドメンバーとして参加し、共にツアーも行うなど、他アーティストのコラボレーションも盛んに行う。2000年以降ソロ作品は『VINICIUS』(2001年)『HORSE AND FISH』(2004年)、『SILVA』(2005年)、『CYMBALS』(2008年)、『SAMBA CARIOCA』(2010年)、ビル・フリゼールとの共同名義となった『LAGRIMAS MEXICANAS』(2011年)に続き本作品『アパート暮らしのインヂオ』が7作品目となる。  

 02780012web.jpg

作品詳細ページはこちらよりお進みください。→ SONG X 012 



img

[Artist Information]

> August 3, 2012

( rabbitoo ) 日本ジャズシーンにおける最注目バンド「rabbitoo 」の初レコーディング・アルバム作品がSONG X JAZZ から発売されることになりました。

ここ数年、早耳のジャズ/ポストロック/エレクトロニカ・ファンの間で、いまかいまかとアルバムリリースが待望されている「rabbitoo」( http://rabbitoo.com/)。


r a b b i t o o  

市野 元彦 : Guitar,Electronics 
藤原 大輔 : Tenor Sax,Electronics
千葉 広樹 : Contrabass,Electronics
田中 徳崇 : Drums
佐藤 浩一 : Piano,Synth,Keyboards,

もはや日本を代表するジャズギタリストと言っても過言ではない市野元彦(渋谷毅、外山明)をリーダーに2010年に結成され、ソロ・アーティストとしてもキャリアを積んできたサックスの藤原大輔(Phat,quartz head,芳垣安洋Orquesta Libre)、シカゴでドラマーとして、エンジニアとしても活動した経歴をもつ田中徳崇(日野皓正、ケイ赤城トリオ、高瀬アキ)、ジャズ・シーンのみならず、ロックやエレクトロニカシーンでも活躍するベースの千葉広樹(南博、サンガツ、effective dose)、昨年ソロ・アルバムを発表しその才能を知らしめたキーボードの佐藤浩一(小林桂、橋爪亮督)。

この5人から放たれる形容不能な音楽こそ、21世紀の「ジャズの来るべきかたち」かもしれません。サウンドテキスチャーへの徹底したこだわりから、これまで彼らの本拠である荻窪「velvet sun」でしか耳にできなかったサウンドが、いよいよ世界に向けて発信されます。9月下旬にレコーディングを行い、2012年内に発表予定。毎回超満員の定例ライヴは次回8月7日@velvet sunにて開催されます。


img

[Release Information]

> July 24, 2012

( SONG X 011)おおたか静流の新作「IKOR」の販売及び、アルバム発売記念ツアーのお知らせ。

前作「Serenade」(2008年)から約4年ぶりとなる本作は、アイヌの古い諺にインスピレーションを受けて形になり出した歌たちが、3.11を越えてアルバムという形で刻み込まれた。この言葉を、女としての自身と、生み育ててくれた母と、そして全ての女たちに捧げたい。傷ついた時も、迷った時も、生まれたことに誇りを持って歩いていってほしい、とおおたか静流は歌う。IKOR(イコロ)は、アイヌ語で「宝もの」という意味である。

おおたか静流自らがフル・プロデュースした本作品は、日頃からの活動も支える名手たち、鬼怒無月(ギター)、内橋和久(ギター)、水野俊介(コントラバス)、大友剛(ピアノ他)、黒田京子(ピアノ)、張紅陽(ピアノ他)、吉森信(ピアノ)、向島ゆりこ(ヴァイオリン、ヴィオラ)、 三宅純(トランペット)、浦山秀彦(パーカッション)、瀬藤康嗣(プログラミング)に加えて、タイトル曲「IKOR」(イコロ)、チャップリンのカヴァー「スマイル」には昨年発売された弊社のオリジナル作品『武満徹ソングブック』(SONG X 006)で初共演が実現しその後意気投合した、ショーロクラブの三人、笹子重治(ギター)、秋岡欧(バンドリン)、沢田穣治(コントラバス)が参加!技術陣も録音・編集ミックス・エンジニアに弊社でも数作に関わっている鎌田岳彦氏、マスターリングにはオノ・セイゲン氏(Saidera Mastering)を起用した渾身のニュー・アルバム。

詳細は、おおたか静流オフィシャル・サイト → www.sizzle-ohtaka.com

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

《CDご購入方法のご案内》 (2012年8月1日よりSONG X SHOPにて予約開始!)

 本作品はおおたか静流のコンサート会場 & SONG X JAZZ web 限定販売となります。CD・レコード店、及びネット通販などでの一般販売の予定はございません。お買い求めのお客さまは、弊社SHOPページより、ご購入お手続きに進んでいただきますと、クレジットカード決済 ( ヤマトフィナンシャル )、及び銀行振込みにてお買い求めいただけます。

SONG X SHOP ご購入ページはこちら↓

※ ご購入手続きを済まされた方を予約対象者とさせていただきます。
※ 発送は発売日(9月9日)以降となります。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

《IKORアルバム発売記念ツアー》 

また、この新アルバム「IKOR」の発売に合わせてアルバム発売記念ツアーが決定しました。

9月18日 京都
9月19日 佐賀/佐賀市
9月20日 長崎/対馬市
9月21日 福岡/福岡市
9月22日 宮城/石巻市
9月23日 東京/青梅市
9月24日 東京/青山
9月27日 徳島県/徳島





img

[Release Information]

> March 12, 2012

( tamamix ) 『u・ku・lu』が高音質音楽サイト[ OTOTOY ] にてDSD+MP3、WAVで販売開始。

ご好評いただいている tamamix 『u・ku・lu』(SONG X 007) が、一般店舗でもCDが購入可能になりましたが、デジタル配信についても、高音質音楽配信サイト[ OTOTOY ] にてDSD+MP3、またはWAVのフォーマットでも販売がはじまりました。tamamixのインタビュー特集記事とともに、3月15日までアルバムに収録されているオリジナル曲「むりしない」(DSD+mp3 Ver.)のフリー・ダウンロード・キャンペーンを行っています。またアルバム購入していただいた方には、デジタル・ボーナストラックとしてフィジカルCDには収録されていないフィシュマンズのカヴァー「いかれたBaby」(mp3/wav)がついてきます。



img

[Release Information]

> February 12, 2012

( tamamix ) 『u・ku・lu』一般店舗で3月7日より販売開始!

SONG X SHOP および、Amazon.jp にて先行発売している、tamamix『u・ku・lu』(SONG X 007)が、ご好評につきお近くのCDショップなど店舗で3月7日(水)よりご購入・ご注文可能になります!主にはタワーレコードHMVTSUTAYAディスクユニオンなどの全国店舗でお求めいただけます。




また、iTunesほかデジタル・ダウンロード販売については、近日その予定についてお知らせいたします。


img

[Live Information]

> January 30, 2012

(SONG X LIVE 006)NØ NUKES JAZZ ORCHESTRA 3.11

NØ NUKES JAZZ ORCHESTRA in operation.


3.11- 巨大地震によって引き起こされた未曾有の事故から1年。ジャズはいま、何を語り、何を訴え、何を歌うことができるのか。鬼才コンポーザー/アレンジャー/ベーシスト沢田穣­治がリズム隊に芳垣安洋、岡部洋一を従え、また沢田のサウンドには必須の弦楽ストリングス・クアルテットと、あらたに管楽器隊としてサキソフォビアの4人、そして、おおたか静流とアン・サリーなど当代き­っての辣腕を迎え、ときにグロテスクに、ときに美しく綴るポスト・フクシマの音風景。ジャズに託された絶望と希望のマニフェスト。NØ NUKES JAZZ ORCHESTRAの始動となる初ライヴの開催のお知らせです。


3.11-A year has passed since the tsunami hit Fukushima to cause an unexampled disaster. Meanwhile, for the whole year, a remarkable Composer/Arranger/Bassist, Jyoji Sawada has kept asking himself, what can music do, what kind of music, melody, can a musician play in the face of this tragedy. Now he assembles top musicians in Japan to create a a sonic description of what has happened in Japan after the incident. NNJO is a musical statement for all who lives in the Post-Fukushima era, a jazz driven manifest powered by Fear, Despair, Anger and Hope

.


【 公演概要 】
日時 : 2012年3月11日 ( 日 )
会場 : 新宿ピットイン
開場時間 : 19:30
開演時間 : 20:00
チケット価格:3,500円 ( 1Drink付 )
企画・制作 : 株式会社 ソングエクス・ジャズ


【 出演 】
沢田 穣治 (Contrabass)、芳垣 安洋(Drums)、岡部 洋一 (Percussion)、南博 (Piano)、黒田京子(Piano) 、馬場 孝喜 (Guitar) 、サキソフォビア = 井上"JUJU"博之(Bs)、岡淳(Ts)、緑川英徳(As)、竹内 直(Ts)、越川歩ストリングス・クアルテット、アン・サリー (Vo)ほか


【 チケット予約取扱い / 入手方法 】
チケット発売日:発売中
(1)お電話による受付 : 新宿ピットイン tel 03-3354-2024
(2)e-mailによる予約受付 :
電話予約と同様にe-mail:shinjuku@pit-inn.comでも予約受付をしています。 なお予約締切・人数の変更は前日の11p.m.となります。また当日は予約の方からの優先入場となります。 メール予約の方には予約確認のメールを返信いたします。返信のない場合はお手数ですがお電話で新宿ピットイン( 03-3354-2024 ) までご連絡下さい。


img

[Artist Information]

> December 18, 2011

(カート・ローゼンウィンケル)今後24ヶ月で、なんと3枚のアルバムをリリース!

 2011年もスタンダーズ・トリオ、そしてビックバンド、また自身のカルテットで、積極的なライヴ活動を展開したカート・ローゼンウィンケル。2012-13年も、その旺盛な創作欲は盛んになるばかりです。2007年にダブルライブアルバム「The Remedy」、2009年に珠玉のスタンダード集「Reflections」、2010年にはビッグバンド作品「Our Secret World」と、コンスタントにその表現域を広げてきましたが、来る2012年以降の24ヶ月の間には、なんと3枚のアルバムをリリースすることをオフィシャルに発表しました。現在公表されている概要は、以下となります。


- Solo

- Caipi

- New Quartet


 「Solo」は、既に制作が佳境に入っており、全編カート自身が自宅録音でつくりあげた作品となる模様。2012年春頃に発売を予定しています。「Caipi」は「Heartcore」の続編ともいうべき作品で、世界中を旅するなかから生まれたカート風音楽絵巻となりそうです。さらに昨年新たに結成した新カルテットによる作品は、2012年3月にレコーディングの予定となっています。現代ジャズギターの開拓者としての名を不動の地位を築いたカートですが、その地位に安住することなく、この3枚で、もはやジャンル分けや形容も不要な、未踏の音楽領域に足を踏み入れることになりそうです。現代音楽シーンにおける最も果敢で、最も冒険心に溢れた「音楽家」としてのカート・ローゼンウィンケルの活動に注目ください。


カート・ローゼンウィンケル・オフィシャル・サイト → www.kurtrosenwinkel.com





img

[Release Information]

> November 6, 2011

( tamamix ) 1st アルバム『u・ku・lu』発売のお知らせ。

みなさま大変お待たせいたしました。
tamamix 1st アルバム『 u・ku・lu』の発売です!


 ウクレレの音色と懐かしいメロディで過去と未来を繋ぐ、魔法のウクリスト" tamamix "。ショーロクラブの沢田穣治プロデュースによる待望の1st アルバム『 u・ku・lu 』を11月30日に発売いたします。


YouTube 「tamamix channel」での再生回数が合計1,100,000回 を超え、全国から熱い注目を浴びる「声とウクレレ」のソロユニットtamamix。ショーロクラブの沢田穣治をプロデュースに迎えて贈る待望の1st.アルバム。高田渡の名曲『コーヒー・ブルース』、細野晴臣『 ハリケーン・ドローシー』、敬愛するおおはた雄一の代表曲『いつもの珈琲』そしてライヴでは必ず登場する『上を向いて歩こう』に加え、沢田穣治との共作によるオリジナル曲も収録。


[ ご購入方法 ]※ お届けは11月30日以降になります。)


① SONG X SHOP でのご購入  

     → https://www.shopmaker.jp/basic/order.cgi?user=cp058701&rm=html
  

② AMAZON JPでのご購入 

    → http://www.amazon.co.jp/dp/B0064ERWCU


※ 本作品はSONG X JAZZ web, AMAZON & コンサート会場先行販売となります。CD・レコード店、及びその他のネット通販などでの一般販売の予定は当面ございません。お買い求めのお客さまは、弊社SHOPページより、ご購入お手続きに進んでいただきますと、クレジットカード決済 ( ヤマトフィナンシャル ) 、または商品代引き ( ヤマト運輸 ) にて全国にお届けいたします。


img

[Release Information]

> July 12, 2011

( SONG X 006 ) CHORO CLUB with VOCALISTAS "TAKEMITSU SONGBOOK"

3つの絃の響きと、7つの歌声。「タケミツ・メロディ」が新たに甦る。アン・サリー、おおはた雄一、おおたか静流、沢知恵、松平敬、松田美緒、tamamix の7人のボーカリストを迎え、弦楽トリオ「ショーロクラブ」が、日本を代表する作曲家・武満徹の「歌」に挑む。21世紀を生きるすべての日本人に捧げる、心揺さぶるソングブック。
 
 本作の主人公のひとり作曲家・武満徹を「日本が世界に誇る現代音楽家」という 肩書きで呼ぶのはふさわしくない。ブラジル音楽をベースに唯一無二の響きを奏で る弦楽トリオ「ショーロクラブ」の精緻にして伸びやかな演奏と、7 人の歌手によって新たな生命を吹き込まれた歌を聴くにつけ、20 世紀音楽の巨匠を親愛を込めて「ソングライター」と呼びたくなってしまう。

 バンドリン、ギター、コントラバスの涼やか な音色にのせて、アン・サリー、沢知恵、おおたか静流、おおはた雄一、松平敬、 松田美緒、tamamix が歌い継ぐ全 15 曲。異ジャンルで活動する美しき「ヴォーカリスタス」の声をまとって、タケミツ・メロディが 2011 年の「今」を生きはじめる。かつてこれほどまでに、その歌が近しく感じられたことがあっただろうか。新たなスタンダードとなるべき、これからの「タケミツ・ソングブック」。