img

STAR OF JUPITER


STAR OF JUPITER

KURT ROSENWINKEL

Disc 1

01

ガンマ・バンド
Gamma Band

6:58

02

ウェルカム・ホーム
Welcome Home

4:44

03

サムシング・サムタイム
Something, Sometime

6:19

04

ミスター・ホープ
Mr. Hope

5:28

05

ヘヴンリィー・ボディー
Heavenly Bodies

11:23

06

オマージュ・ア・ミッチ
Homage A Mitch

7:42

Disc 2

01

スピリット・キッス
Spirit Kiss

8:34

02

カート・ワン
Kurt1

6:47

03

アンダー・イット・オール
Under It All

7:24

04

シフティング・デザイン
A Shifting Design

5:56

05

デジャ・ヴ
Deja Vu

10:48

06

スター・オブ・ジュピター
Star of Jupiter

8:53

価格:¥3,150 (税抜価格:¥3,000)

規格番号:SONG X 013/014

POS/JAN:4571381530135

CD発売予定:2012年11月21日(水)

Track List

Disc 1
1. Gamma Band
2. Welcome Home
3. Something, Sometime
4. Mr. Hope
5. Heavenly Bodies
6. Homage A’Mitch

Disc 2
7. Spirit Kiss
8. kurt1
9. Under It All
10. A Shifting Design
11. Deja Vu
12. Star of Jupite

Kurt Rosenwinkel: Guitar, voice
Aaron Parks: Piano,keyboards
Eric Revis: Acoustic Bass
Justin Faulkner: Drums

All songs written by Kurt Rosenwinkel (A-side music)

Produced by Kurt Rosenwinkel
Executive Producers: Anders & Stephanie Chan-Tidemann

【Recorded & Engineering】
by James Farber at Clubhouse Studio, NY on March 6-9, 2012
-Studio: Clubhouse, Rhinebeck, NY The tracking took place on the dates March 6-9, 2012 - just after the band had finished a week at the Village Vanguard (Feb. 28-March 4), serving as a sort of live rehearsal of what was mostly all-new material composed by Kurt for this session (12 songs never recorded before). 14 songs were recorded in a period of 4 days, and ultimately 12 songs were picked for release. James Farber was the engineer for the tracking, very well assisted by Bella Blasko.

【Mixed】
by James Farber and Kurt Rosenwinkel at Shelter Island Studios, NY on May 27- June 1, 2012
-James Farber and Kurt Rosenwinkel mixed the album in Shelter Island Studios from May 27-June 1, 2012. 6 long days of 15+ hours plus another half day of remixing 2 songs. The album was mixed to tape to get a fuller, warmer more analogue sound quality. James also mixed Kurt’s “Our Secret World”, “Deep Song” & “The Next Step” and is, of course, one of the most renowned studio engineers in the world.

【Mastered】
by Greg Calbi at Sterling Sound, NY
-Star of Jupiter was mastered at Sterling Sound by Greg Calbi, who has also previously worked with Kurt on numerous occasions (he also mastered “Our Secret World” & “Deep Song”). Mastering was done on June 19 & 20, with an additional mastering session in August after a new sequence was picked. 2 different tape machines were used during mastering due to the inherent qualities each possess, matching different songs on the album. The album was mastered for cd release as well as for the new Apple "Mastered for iTunes" program.

Kurt plays Port City Amplifiers, TheGigRig pedals, D'addario strings, and Vovox Cables.

updated on October 1, 2012

ジャズ・ギターを拡張せよ!カート・ローゼンウィンケルの新たな挑戦。7年ぶりのオリジナル・スタジオ録音作品「スター・オブ・ジュピター」が遂に11月28日(水)発売!

ソングエクス・ジャズより、2012年を締めくくるにふさわしい話題作の登場です!ジャズ・ギターの世界をぶっちぎりでリードする、"皇帝"カート・ローゼンウィンケルの最新作は、前作「DEEP SONG」(2005年)以来、実に7年ぶりとなるオリジナル・スタジオ録音作品。その名も「スター・オブ・ジュピター」(SONG X 013 / 014)が、11月28日(水)に発売されます。


ジャズという枠を遠く置き去りにしながら、常に新たな世界を切り開いてきたカート。今作では、昨年結成した新カルテット率い、「宇宙」をテーマに新境地を聴かせてくれます。ピアノに、ブルー・ノート他からリーダー作もあり、近年はジョジュア・レッドマン率いる「ジェイムス・ファーム」のメンバーとして活躍するアーロン・パークス(ピアノ)。ドラムスにブランフォード・マルサリスがレギュラー・メンバーとして大抜擢したことで一躍注目を浴びる若干20歳の超新星ジャスティン・フォークナー。ベースには、もはやファースト・コール・ベーシストとしての地位を確立し、近年のカートの音楽のボトムを安定感をもって支えてきたエリック・レヴィス。この強力カルテットは、2012年初頭に行なわれたヴィレッジ・ヴァンガード(ニューヨーク)での連続公演を行ない、そのクオリティとオリジナリティの高さにニューヨークの音楽ファンを圧倒、いまかいまかとアルバム制作が待たれていました。

DSC01474.jpg
※左よりジャスティン・フォークナー(ドラムス)、カート・ローゼンウィンケル(ギター)、アーロン・パークス(ピアノ、キーボード)、エリック・レヴィス(ベース)


その待望の録音は、まだ路面も凍るほどの寒さが残る2012年3月上旬のニューヨーク郊外のスタジオで、名匠ジェームス・ファーバー(録音エンジニア)を迎えての約一週間の合宿を通じて行なわれました。音楽のみに没頭できる絶好の環境のなかで現代ジャズ界において最もクリエイティブな4人が、それぞれそのポテンシャルを爆発させ完成したのが、本作「スター・オブ・ジュピター」なのです。


ジャズギターのリーダーとして不動の地位を築くカートですが、そこに安住することなく、「スター・オブ・ジュピター」では聴き手を未踏の<宇宙>へと連れ出してくれます。現代音楽シーンにおける最も果敢で、最も冒険心に溢れたカルテットとともに、地球外旅行に、いざ旅立て!