img

アパート暮らしのインヂオ(Índio de apartamento)


アパート暮らしのインヂオ

VINICIUS CANTUARIA

01

ウマーノス(人間)
HUMANOS (Vinicius Cantuaria)

2:26

02

モッサ・フェイア(醜い娘)
MOÇA FEIA (Vinicius Cantuaria - Leoni)

6:26

03

プルス河
PURUS (Vinicius Cantuaria)

3:46

04

アコルダ(起きて)
ACORDA (Vinicius Cantuaria – Arnaldo Antunes)

2:22

05

ウン・ヂーア(ある日)
UM DIA (Vinicius Cantuaria)

1:05

06

ケン・ソウ・エウ(僕がなんだというのだろう)
QUEM SOU EU (Vinicius Cantuaria)

1:44

07

ディス・タイム
THIS TIME (Vinicius Cantuaria – Jesse Harris)

4:08

08

ショーヴィ・ラ・フォーラ(外では雨が降っている)
CHOVE LA FORA (Tito Madi)

3:36

09

インヂオ・ヂ・アパルタメント(アパート暮らしのインヂオ)
INDIO DE APARTAMENTO (Vinicius Cantuaria)

1:35

10

ペー・ナ・エストラーダ
PE NA ESTRADA (Vinicius Cantuaria – Evandro Mesquita)

3:08

原題

INDIO DE APARTAMENTO

価格:¥2,625 (税抜価格:¥2,500)

規格番号:SONG X 012

POS/JAN:4571381530128

CD発売予定:2012年10月31日(水)

iTunes他デジタル配信予定:未定

1.ウマーノス(人間)
HUMANOS (Vinicius Cantuaria)
Vinicius Cantuaria:acoustic guitar, hand claps, vocals
Mario Laginha: keyboards

2.モッサ・フェイア(醜い娘)
MOÇA FEIA (Vinicius Cantuaria - Leoni)
Vinicius Cantuaria: acoustic guitar, hi-hat, percussion, vocals
Ryuichi Sakamoto: piano

3.プルス河
PURUS (Vinicius Cantuaria)
Vinicius Cantuaria: keyboards, percussion, drums, vocals

4.アコルダ(起きて)
ACORDA (Vinicius Cantuaria – Arnaldo Antunes)
Vinicius Cantuaria: acoustic guitar, vocals
Ryuichi Sakamoto: piano

5.ウン・ヂーア(ある日)
UM DIA (Vinicius Cantuaria)
Vinicius Cantuaria: acoustic & electric guitars, drums, percussion, vocals
Olivier Glissant : Fender Rhodes

6.ケン・ソウ・エウ(僕がなんだというのだろう)
QUEM SOU EU (Vinicius Cantuaria)
Vinicius Cantuaria: acoustic guitar, vocals
Norah Jones: piano

7.ディス・タイム
THIS TIME (Vinicius Cantuaria – Jesse Harris)
Vinicius Cantuaria: acoustic guitar, drums, percussion, vocals
Jesse Harris: vocals
Bill Frisell: electric guitar
Liminha: electric bass

8.ショーヴィ・ラ・フォーラ(外では雨が降っている)
CHOVE LA FORA (Tito Madi)
Vinicius Cantuaria: acoustic guitar, percussion, vocals
Bill Frisell: electric guitar

9.インヂオ・ヂ・アパルタメント(アパート暮らしのインヂオ)
INDIO DE APARTAMENTO (Vinicius Cantuaria)
Vinicius Cantuaria: acoustic guitar, electric guitar, keyboards, percussion, vocals

10.ペー・ナ・エストラーダ(旅立ち)
PE NA ESTRADA (Vinicius Cantuaria – Evandro Mesquita)
Vinicius Cantuaria: acoustic guitar, vocals
Bill Frisell: electric guitar
Dadi:electric bass

Produced by Olivier Glissant and Vinicius Cantuaria
Recorded in New York City at Forest Sound and Blacksalt studios
Recorded in Rio de Janeiro at Nas Nuvens by Raone Andrade and studio assistant Luiz Britto
Mixed at Blacksalt Studios in NYC by Olivier Glissant and Vinicius Cantuaria
Mastered at Sterling Sound by UE Nastasi


updated on September 20, 2012

アパート暮らしのインヂオ

 『インヂオ・ヂ・アパルタメント(Índio de apartamento)』、つまり「アパート暮らしのインヂオ」とは、なんと勘所を押さえたタイトルだろう。「インヂオ」は通常「先住民」と訳すのだが、このタイトルの場合は、どこか懐疑的で、いろいろと自分のやることにこだわりのある異文化人というような、もっと複雑かつ具体的なイメージが込められているように思われる。それが、典型的な大都会の住居であるアパートメントに住んでいるのだ。つまり、このインヂオは、アマゾン地域の中心地マナウスで生まれ、7歳でリオへ転居し、少なくともここ20年くらいはニューヨークで暮らしているブラジル人、すなわちヴィニシウス自身に他ならない。
 インヂオとしての彼は、自分を取り巻く、ないし取り巻いてきた世界から得た広範な智恵を、大切に抱え持っている。その中から、特にこだわりをもって選び出されたエレメントを注意深く配置して、今回のアルバムも作られている。アルバムの中でそれらのエレメントは、実に思いがけない鮮烈な輝きを見せてくれる。インヂオの住むアパートメントの窓からは、大自然の満天の星空を仰ぎ見ることができるのだ。

(text by 國安真奈)


< Short Profile : ヴィニシウス・カントゥアリア>
1951 年、ブラジル北部のベレンに生まれ、6才の時にリオデジャネイロに移住。1970年代には自身のバンドの他、カエターノ・ヴェローゾのバック・メンバーとしても活躍。80 年代から 90 年代初めにかけて 6 枚のソロ・アルバムを発表、ヒット・シングルにも恵まれる。90 年代半ばにニューヨークに拠点を移し、エレクトロ、アンビエントなテクスチャーも取り入れて新しいブラジル音楽を追求した『Sol Na Cara』(1996) を発表。以降、コンスタントにソロ作を発表するかたわら、グラミー賞にノミネートされたビル・フリゼールの 2003 年作『The Intercontinentals』にバンドメンバーとして参加し、共にツアーも行うなど、他アーティストのコラボレーションも盛んに行う。2000年以降ソロ作品は『VINICIUS』(2001年)『HORSE AND FISH』(2004年)、『SILVA』(2005年)、『CYMBALS』(2008年)、『SAMBA CARIOCA』(2010年)、ビル・フリゼールとの共同名義となった『LAGRIMAS MEXICANAS』(2011年)に続き本作品『アパート暮らしのインヂオ』が7作品目となる。


02780012web.jpg